FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
へたな施術もあえて受けてみるーダメな施術がわかるかー
2016/10/27(Thu)

お客さんで終わっていいなら上手なひとや、
内輪だけで組んで、楽しい思いだけ味わえばいいと思う。

お客さんで終わりたくないときは、
実習で集まった全員を自分の研究対象と見て、
たくさんのひとの体に触れ、
たくさんのひとに触れられて、
気持ちよいことも、不快なことも、
いろいろ体験することが、もっともだいじな勉強だ。

痛い目にあうのも勉強、
逃げ腰では、よい練習にならない。
嫌な施術も受けてみて、
嫌な対応もされてみて、
イヤなことがわかれば、
自分は決してそんなことすまいと、
身にしみて思うはずだ。(4)
↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
逃げたら上手になれないー何ごとも勉強と割り切るー
2016/10/26(Wed)

理由をつけて練習を避けたり、
体を触らせないなど小細工したりして、
自分は協力的な講習生ではなかった。
自分さえよければよかった。
それでは練習生ではなくて「お客さん」。
振り返ってみてそう思う。

自分はいいとこ取りのお客さん、
いい目にだけあいたくて、
気に入らないことは避けたい。
だから練習も、じょうずなひとと組むならよいが、
いろんなひとと組むのはごめんだった。

そんなふうではじょうずになれませんと、
今は言う立場に立たされているから皮肉なものだ。(3)
↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
練習台になるのは冒険であるー何ごとも勉強と開き直るー
2016/10/26(Wed)

よい施術ばかり受けていると、
施術を受けたらよいことばかりと思ってしまうが、
そうじゃない。
練習台になるたびに、

翌朝の目覚めの不快さときたらなかった。
「ちょっと扱いをまちがうだけで、こんなにちがう。
こわいものがある」
まさに紙一重、天と地の差である。

主宰者に苦情を述べたこともある。
「お互い練習だから」と相手にされなかった。
「不快なら不快と、はっきり相手にも伝えてやらないと、
お互い練習にならない」とも注意された。
「たしかにそれはそうなんだけど、、、言いにくい」

自分はそんなふうだった。(2)
↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
収穫は自分しだいーなにごとも勉強と開き直るー
2016/10/25(Tue)

じょうずなひとも、へたなひとも、
まざっている会場で、
実技の練習をすると、
「このひとと組まなければよかったな」と思うくらい、
不快な体験に耐えなければならないこともある。

防御で体を固くしているのにも気づかないのか、
「あ、よくなりましたね」などとうれしそう。
「どうですか」と訊かれ、
とっさに「もう治りました交代しますか」と起き上がる。
それでも翌朝は、あちこち痛んで動けない。
そんなこともあったと思い出す。(1)
↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人生のパズルのピースが思わぬところから出てきた
2016/09/30(Fri)

不器用だろうと何だろうと、
向いていようと向いていまいと、
人は自分にとって意味のあることしか打ちこめない。

スコップや鍬を地面に打ち込んで、
掘り進めていくうち、不思議なめぐりあわせで、
探していた人生のパズルのピースが、
思わず見つかることもあるだろう。

自分の初期条件をのりこえるための取組みが実行されるうちに、
おのずと答えは出てくるはずである。(了)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「磨けば光るのに」と言われても困るー光るまで磨くのは自己責任だからー
2016/09/30(Fri)

最初から素養のあるひとに、
ヤル気があって取り組むのが理想かもしれないけれど、
理想は理想。人は理想どおりにいかない。

素養のままではそれはそれまでのことで、
音楽とか絵画とか文学とか、手をつけたけれど、
「惜しいねえ」と言われて照れ笑いするくらいのもので、
操体法だけは、今や運命的な流れも感じられ、
素養もなにもあったものではない。
自分のありったけでやっていくしかないのだと、
開き直っているところがある。
素養のことは別として、
自分の持てる力で行けるところまで行くしかない。
引くに引けないのである。
今の自分が光っているのか曇っているのか、
それさえも、よくわからない。
そういうのは他人に見ていただいて、
それぞれで決めてもらってかまわない。(3)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
意志を持ち続けたひとだけがエベレストに登るーエベレストをやりたいかー
2016/09/29(Thu)

エベレストだって行けるよ」
山歩きにはまっていたころに、声をかけてもらったことがある。
以来、まわりを注意して見ていると、
自分よりエベレスト行けそうな条件のひと、いくらでもいる。
でもエベレストに行くのは、
エベレストをやりたい」という意志を持ち続けたひとだけ。

「やりたければやればいい。
やりたくないことまでやることない」
そのように自分で自分に声をかけてみたら、
エベレストべつにやりたくもない」と返事がかえってくる。
何度自分に問いかけても変わらぬ返事なので、
とりあえずエベレスト行きはよしにした。(2)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
じょうずなひとがやればいい、のかーやりたいひとが、やればいいー
2016/09/29(Thu)

操体法でも向き不向きがみられる。
初心者でも、しぜんにコツをのみこんでいるひともある。
「みがけば光る」と思うけれども、
光るまでみがくのは、私ではなく本人自身。

「プロになる」と息巻いて足をはこぶひとが、
やってみると、およそなってない。
「不器用なほうで」と頭をかき、
「復習もまるでやってない」と平気の平左だが、
「十年かかってもやります」とだけは言うから、
やりたい者はとりあえず、やらせておくほかなさそうな状況。(1)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
散歩のつもりがいつの間にやら富士山に
2013/09/15(Sun)
登山口まで行くのも一苦労。あとは周りの人にくっついていけば登れないこともない。しかしあらかじめ歩く距離も何も知らずに天辺までついていけるかというと難しい話だ。最低限の装備もないのなら生命にかかわる。

登山だけの話ではない。患者さんというのは案外平気でそういうことをしている。登ろうとする山がどんなものか、よく調べもしなかったり。生命にかかわることなのに、どこか近所の病院に入っていって、初対面の人が手短に説明するのを聞き流し、「ついていけば何とかなるかな」などと平気なのが、とても奇異であり不思議に思われる。情報も装備も不十分、地図もないまま歩き出すようなものだ。


健康法 ブログランキングへ

操体法の施術に通い始めた二十年前の自分も、ただの散歩に出た患者さんだった。どこでどう道をまちがったか、今の自分はへたれなりに高い山を目指そうとしている。
操体法に求められるものも、人それぞれ。富士山に登りたいと頑張る人もあれば、「お散歩気分で富士山」という人もある。富士山なんか、べつにいいですよと尻込みする人もある。「それぞれの富士山」に必要な情報の提供およびアドバイスをできる限り続けてゆきたいと思う。


i

9月の講座
①9月14日15時から(天神会場)
②9月18日14時半~中級コース(野間会場)
③9月21日・26日・28日14時半~自由参加の講習会(野間会場)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
だれが生徒か先生か
2013/09/09(Mon)
ダメな先生というのは捨てるほどいる。それは子供のころから感じていた。「あれでどうして先生やっているんだろう」と不思議に思いもした。ダメはダメなりに努力している姿に気がつくのは少し先のことである。

「先生」と呼んでくれる人間が一人でもいて、その世話を一生懸命するのだったら、それが先生の誕生ということになるのかもしれない。それは上手とかヘタとかいう以前の問題である。技術的順位イコール先生になる順番とは限らないのが、人間のおもしろいところだ。


健康法 ブログランキングへ

技術も。そして指導者としてのかまえも力量も。ぜんぶそろった先生というのは、まず、いない。
活動を始めた当初は、今より確実にヘタクソだった。へたくそで迷惑をこうむった方もいらっしゃると思えばまったく申しわけない限りだ。さらに五年後十年後の自分が、今の自分を振り返ったら、確実にヘタクソで、申しわけない状態だろうと思う。

だから精進を続けるほか、ない。申しわけないという気持ちを胸において精進し、現場でがんばる以外にないのだと思う。


i

9月の講座
①9月14日15時から(天神会場)
②9月18日14時半~中級コース(野間会場)
③9月21日・26日・28日14時半~自由参加の講習会(野間会場)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地平線を引き直し、新たな一歩を踏み出す
2013/09/03(Tue)
ジャズセッションみたいなノリもあるが、それだけでは終わらない。30年の積み重ねと日頃の姿勢を語りかけてくるような施術。師匠のもとに足を運ぶたびに、私は地平線を新しく引き直し、そこからまた新たな一歩が踏み出せる心地がする。


健康法 ブログランキングへ

ふだんの演奏は自分一人。時には停滞もするし、小さくまとまって、妙な袋小路に迷い込んだりもする。それを打ちくずすのが、週に一度の師匠とのセッション。自分でやっている時とはぜんぜん違う感覚を味わう。一度一度の感覚が、またぜんぜん違う。二度と同じものはない。
自分ひとりのこだわりがぶっこわされ、天井なしの広がりが開けてくる。

とても短い時間だが、そこに自分の日常全てがあらわになってしまう。心を入れ替えて、次のセッションまでにもう一度、腕も感覚も磨き直そう、と思う。

施術に行く日を楽しみにして一週間を過ごす。いつしか「施術で治してもらおう」とさえ思わなくなっていた。純粋にセッションを楽しむ。その充実と感動を左右するのは、自分自身の日頃の取り組みなのである。


i

9月の講座
①9月14日15時から(天神会場)
②9月18日14時半~中級コース(野間会場)
③9月21日・26日・28日14時半~自由参加の講習会(野間会場)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)

この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
恋人より家族より頼りになる?-主食の動き-
2013/08/26(Mon)
おいしいお米を食べるたびに「日本人でよかったな」と思う。生れて死ぬまでずうっと食べていく。一生のうちに何千回、何万回と食べたって、もんくはない。主食というのはそういうものだと思う。

操体法の動きもまた、日々どれだけやっても飽きがこない。操体法のワザの数は、とりあえず全部で26ある。その中でも非常に重要なものが10くらいはある。
操体法のワザといっても、足を運ばれた方々の目には、期待はずれであること間違いなしである。たいへんに単純で、素朴な動きである。100歳のご老人にも無理がない。
「これならわざわざ習わなくったって、誰にでもできるものだ」と思う。複雑で技巧的な動きのほうが、魅力的に映る。アクロバティックな動きには誰だって目を奪われるのである。


健康法 ブログランキングへ

操体法の動きで九死に一生を得た体験を、操体法の愛好家たちは積み上げている。私にとって操体法の動きは、毎日食べても食べ飽きることのない「主食の動き」である。
これまでどれだけ助けてもらったかしれない。どれだけ頼りになったかしれない。一つ一つの動きの中に、救われたときの数々の思いがいっぱいに詰まっている。

「ワザは飯のタネ」と割り切っておぼえていくのではいけない。自分自身も試してみて、「やってよかった」という気持ちを積み重ねていくあたりに、ワザ一つ一つへの愛着と信頼が出てくるのではないかと思う昨今。


i

夏季集中講座のお知らせ
①7月…ご参加ありがとうございました!
②8月日程…22日・25日・28日・31日の参加者を受付中です。
会場はいずれも福岡市野間(野間四ツ角交差点徒歩1分)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
行けるところまで行こうか
2013/08/23(Fri)
通い始めて十年は経っていたろうか。「やっと操体法になった」としみじみつぶやく師匠の言葉に、私は複雑な心境だった。

自分では最初から操体法に取り組んでいるとばかり思っていた。しかしそうではなかったらしい。私が長く取り組んでいたのは、操体法になることを目指してのことだった。そして、その領域に足を踏み込む日を、やっと迎えたということになる。喜ばしいことには違いないが、実際はどう受けとめてよいか、わからないような気持ちだった。


健康法 ブログランキングへ

以降しばらくは、「これがほんとうの操体法ですよ。外見からでは何をやっているか、わからんでしょう」などと、順番を待つ人に説明されていたが、以前の自分の動きと、どこがどうそんなに違っているか、自分ではよくわからずに戸惑いがあったと思う。

あれから私の中では「操体法と呼ばれるものは一体何か」ということがテーマになってしまった。
いずれにせよ、もう後には引けない。行けるところまで行こうと思う。


i

夏季集中講座のお知らせ
①7月…ご参加ありがとうございました!
②8月日程…22日・25日・28日・31日の参加者を受付中です。
会場はいずれも福岡市野間(野間四ツ角交差点徒歩1分)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
私もいっしょにやるからね-指導について思うこと-
2013/08/21(Wed)
教育学の教授は厳しく、その教えは卒業後も確かに役に立った。
「生徒に居残りさせたら、命じた教師もとうぜん居残りだ。忘れて自分だけ帰宅など、何を考えてるんだ」と、当時ニュースになった教師のことを断罪していた様子を今もよくおぼえている。

健康指導にたずさわる人間も基本的には同じと思う。自分を「先生」と呼ばせる。もしくは将来そういう立場に立つというのなら、「肉を食うな」「アルコール禁止」などと言うだけ言って、自分は好き放題しているのは考えものだろう。
「あなた病人。わたし病人じゃないから」っていうのもアリだし、そんな指導者についていく人もいるのだろう。しかし生活改善に取り組んだ経験もない人間が、生活改善について語ろうというのは、どうか。「なぜ、わたしの言ったとおりにできんか」とふんぞりかえったら、厚かましさを通り越した話になる。


健康法 ブログランキングへ

月刊「自然医学」誌上に田中愛子さんの連載が続いている。「一緒に断食すると相手の体のことがよくわかって、指導がうまくいきました」とある。現実問題として、患者さんの断食に次から次へとつきあっていては身が持たなくなりはすまいかと思うが、その心意気は見上げたものだ。
「体験がものをいう世界」である。「自分もやったんだから相手にもやらせよう」ということに無理があるのは確かだが、「まるで体験もないことを他人に勧める」というのは、それ以上に無茶な話。

どこまで、どのように導くつもりなのか。どこまでなら、ちゃんと導けるのか。
相手の状況に応じて、必要なこと・不必要なこと、できること・できないことを選択・加減しながら見守りつつ、ともに歩んでいく。それが「先生」と呼ばれる者の最低限の責任ではないのかと、私自身は考えている。


i

夏季集中講座のお知らせ
①7月…ご参加ありがとうございました!
②8月日程…22日・25日・28日・31日の開講が決定。希望者を受け付け中です。
会場はいずれも福岡市野間(野間四ツ角交差点徒歩1分)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自分の勝手が「勝ち手」ではなく「負け手」になるとき
2013/08/20(Tue)
「自分がだいじであって、操体法がだいじなのではない」
そう言って、仲間の一人が「ぼく操体法やめるよ」と言いに来た。
「自然法則がだいじであって、操体法そのものがだいじというわけではない」と、心の中で私は言いかえをしたが、面倒だから黙っていた。

何ごとも基礎を身につけてゆく段階では、「そうじゃなくて、こう」「そこは、そうじゃなくてああ」と、やり方があるのである。自分勝手にできないので、いらいらする。
「もういい。勝手にやらせてもらうよ」と家出のようなことになったが、数ヶ月も経たぬうちに戻ってきた。「操体法をだいじにすることは結局、自分をだいじにすることだ」というようなことを長々と話していった。自分と、操体法がぶつかってけんかをするのではなくて、どう仲良くしていけるか。そこのところ、だいじなんだろうと考えさせられた。


健康法 ブログランキングへ

自分自身のやり方を追求することは勿論だいじだ。何ごとも、結局は自分の体の使い方を身につけ、自分の感覚を駆使できるようになったときが、「できるようになった」ということだからである。
しかし先で進めなくなる自分勝手も、ある。自分の勝手が勝手でなくなって、負け手とでもいおうか、行き当たりバッタリで苦しいことになる。そういうことがわかってくるまでは少々の辛抱もしょうがない。だんだんわかってきたときには、自分の自由が広がっている。

操体法を追求することで、自分のやり方を追求することにつながればいい。それがさらに自身の自由を広げることになったらいいと、そんなことを感じた次第。


i

夏季集中講座のお知らせ
①7月…ご参加ありがとうございました!
②8月日程…22日・25日・28日・31日の開講が決定。希望者を受け付け中です。
会場はいずれも福岡市野間(野間四ツ角交差点徒歩1分)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ほんものはどれもすばらしい-さあどこに賭けようか-
2013/04/01(Mon)
鍼ってどうですか、お灸きくんですか、漢方はどうですか、もむっていうのはどうですか。
「ほんものなら、すごいよ。でもそのほんものって、一握りよ」とは師匠の言。
なぜ操体法なのか。その答えの一つが、ここにはある。


健康法 ブログランキングへ

療術・手技療法の世界は、厳しい職人の世界だ。
「学校出てテスト合格したら、さあ開業というわけにはいかないんだよ」
鍼を刺すのがどれだけ難しいか。少しでもやった人なら、わかる。漢方薬に至っては、「モノがよければすごいけど、天然もので、採取された場所にもよる。たくさんあるわけ、ないじゃない。あったとしても目ん玉飛び出るほど高いぜ。まあほとんどがニセモノ。ほんものはまず入手不可能だ」。
自分も野草を求めて山に入るが、ただの野草・山菜でさえも植生が限られ、手ごわい競争者もいる。いつもあちこち歩きまわるが、当たり年とそうでない年もある。これがお金になる漢方だったらと考えると、うなずける話だ。

もむっていうのはどうか。子供にだってできることだ。ピンからキリまである。
「どれだけ大変なことか、わかるか。必死で取り組んでも十年はかかる道だ。年月かけたからといってモノにできるとも限らんし。昔の人は徒弟制でやっていたんだ。何でも甘くみるなってこと」
「もむ」がいいか、「刺す」がいいかという問題ではなさそうだ。「もむ」という限られたことで、どこまでやれるかが腕の見せどころ。あの細い針を刺すだけで、どこまで行けるか、やってみろということ。「もむ」のがすごい、「刺す」のがすごいということではない。そのように私には思われる。

操体法の創案者、橋本敬三医師は、療術・手技療法の名人たちを自分の病院に呼びこんで、じっさいに目の前で治療をさせて、それをずっと見ていた。そして「すごいな。どうやるの?」と名人たちに教えを請うた。
腕は名人たちが上でも、社会的地位ではお医者さまとただの職人。地位の低かった名人たちは、お医者さまに認められたことを喜び、そのコツを教えてくれた。そして熱心な橋本敬三医師はめきめきと腕をあげてしまった。社会的には医師でも、腕ひとつ手技ひとつの職人世界の住人でもあったというのは驚くべきことだ。

橋本敬三医師が自分の腕に満足し、「治せばいい」という世界に腰を落ち着けていたならば、「達人・名人」として名をはせることはあっても、操体法はこの世に生まれることなく終わっていただろう。(この項さらに続く)

i

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円/人、三名~2000円/人)
③一人でゆっくり個別実習(一回3000円)

 ②③は日程・時間帯を希望にあわせます。西鉄高宮駅徒歩3分。
 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下) 
  またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
 

むち打ち症 ブログランキングへ


ホリスティック医療 ブログランキングへ
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人間は神さまのコピーである
2013/03/12(Tue)
人間も「物質だ」という考え方がある。人体は機械のような部品の寄せ集めという考えで、切った貼ったも抵抗なく受け入れられている。さらには物資があり余る社会の中で、物を大切に思う気持ちも日頃からうすれている。そんな状況の中、人の心や体に対する扱いも、無意識のうちにぞんざいになってはいまいかと危惧する。

人間は神さまそのものではないが、神の写しだという。人体は宇宙であるともいう。言うのは誰にだってカンタンなことだが、それを実感するのでなければ言葉はただのお飾りにすぎない。
人の心も体も、日常は不完全なものに思われるかもしれないが、その不完全な見かけの下の、奥の奥のほうには超越した神聖なものが秘められている。体に向き合う体験を重ねるうちに、おのずと伝わってくるものもあり、直接に体に手を触れさせてもらえるというのは、じっさいありがたいことなのだと思う。

いろんな価値観を持った、いろんな人がいるが、向き合う体はいずれも神々しい。
実習や施術で体をあつかいなれていくうちに、人の体に対してぞんざいな、粗雑な感覚を身につけてしまうことがあってはならない。師匠はいったん体に向き合うと目つき顔つきが変わる。手つきを見れば、こまやかな神経が指先にまで張られているのがよくわかる。禅のほうでは、行き交う通行人のひとりひとりを拝んで歩く聖人がいたとか。わたしにも少しはわかるような気がする。
「施術の技術」というのは、体に向き合う姿勢のことである。施術という目に見える手続きを通じて、相手とのコンタクトの道がひらけてゆく。見えない道筋をたどる感覚。それが技術だ。だいじなのはあくまで感覚のほう。目に見える手続きのほうに気を取られていては決してわからない。

人の体に向かうときには、親友も身内も関係ない。すべてが本番。真剣勝負だ。
「実験台になってあげるのだから正式なお代は払わない」と友人に言い渡されたとき、「うん、いいよ」と素直に言えないものがあった。ずいぶん昔のことだが、忘れられない体験である。
お代をもらうとかもらわないとか、そういうのはどうでもよいことかもしれないが、師匠から「無料はぜったいダメだ」と何度も釘をさされていた。当初から繰り返し打ち込まれたその深い釘の意味を、折にふれ考えている。
「うちは家族も正式の料金。向こうからお願いしますと頭を下げてこない限り、やってあげない」という師匠の話は、患者さんのあいだでもよく知られている。「家族なのに、なぜ? なんでですか?」と訊ねても、「タダは、ぜったいにダメ」と頑として言い張られる。
最近ある方から、「先生が料金をどうしても受け取らないものだから頼みにくくて」という話をたまたま耳にした。その状況をよくよく考えた末、「なるほど」と納得するところがあり、慎重な判断が求められると思った。

※特定非営利活動法人 日本ホリスティック医学協会福岡事務局の主催で3月24日(日)、第113回ホリスティックフォーラムが開かれます。
テーマは操体法で、講師は操体法研究会講師の鶴洋嘉先生(鶴内科医院院長)です。

場所:福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)201会議室(TEL:092(731)2958)
講演:13:30~16:30 懇親会:16:50~18:00
参加費:一般2,500円 学生2,000円(懇親会費1,000円)

私のほうも手伝いで会場に出かけていきますが、定員の3分の2はすでにうまっているそうですので、参加ご希望の方いらっしゃいましたら、主催:日本ホリスティック医学協会福岡事務局 TEL&FAX.092(873)5100 またはメール:holisticmedicalsociety.fukuoka★gmail.com(★→@に)にてお問い合わせ・お申し込みください。
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
循環を得る-感動の風化しない日常-
2013/02/27(Wed)
水も空気もよどめばすぐに濁ってくる。自分の充電と放電との、バランスが取れてゆくと、心地よい循環を得る。大循環になるか、ささやかな循環になるのかは自身の力量だが、ひとたび循環を得れば、水も空気も濁ることは、ない。

知識や経験も、自分という蔵の中にしまい込めば、ほこりもたまってくる。
新鮮な風を通し、光を呼び込む方法の一つとして、蔵入りしたものを開放し、人とシェアするのは有効だと思う。
人に開放し、共有する場を持つことで、「自分のもの」が同時に「みんなのもの」にもなる。感動は増幅され、情熱の火を灯し続けることができる。決して規模は大きくないが、ブログを公開し、スタジオを解放することが自分の日常として根付くことを得、そんなことに気づかされてきた。
自分の所有しているものの価値が、自分自身ではよくわからない。いろんな人が訪れて操体法を面白がったり、大切に思う姿を目にするうちに、操体法に注ぐ自分の目もまた、知らず知らずのうちに更新されてきた。

村田喜代子さんの文章教室に初めて足を運んだ日、「自分の書いた文章を、夜半にこっそり一人で読んで、うふふと笑って引き出しにしまいこむのなら、文章修行を積む必要はありません」と言われて仰天した。
文章を書くのは好き。努力して勉強して技術を身につけたいという気持ちもあった。しかし書いたものをどうするか。身についてゆく技術をどうするのか。顔も名も知らない不特定多数の人々の目に自分をさらすということは、また別のことだった。
文章教室の中でさえ、ほめてくれる人、面白がって読んでくれる人ばかりではなかった。「けしからん」と批判され、趣旨と違う読みとり方をされて誤解を受けることも多々あったのだ。
一人で読んで、うふふと笑って済ませてさえいれば、イヤな目にあうことはなかった。しかし結局のところ、ほめられるも、けなされるも、両方とも刺激になる。背中を押されて動かざるを得なくなるのである。
読んでくれる人もなく、反応もかえってこないなら、文章なんか書かない。書けなくなるのも時間の問題だ。

たいてい何でもそうなのだ。一人こっそりやるだけではもったいないし、広がりもない。刺激もなくていずれは行き詰まるだろう。勉強したことを片っぱしから公開するならば、手直しをして正確を期することも必要だし、あわてて復習もする。疑問もわくし、質問も出てくる。次から次へと新しいものを仕入れなければならなくも、なる。ここに循環が発生する。
喜ばれることもあろうし、失敗したり恥をかいたりする。しかしどんな反応も結局は自分に還ってくる。橋本敬三医師の口癖のとおり、やってみるしかない。失うものもない。家族や知人でもいいが、不特定多数も得るものは大きい。
「わたし先日こんなことを聞いたんです」「こういうのも知ってます。うまくいくかわかりませんが」と他人に試すうちに勉強も進み、自分らしい活動の仕方もおのずとできてくる。

いちばんしぜんで無理がない。ウソも発生しない。最初は方向もわからないが、引き受けていくうちに「手応えあり」とわかったもののほうには枝が伸び、新芽も吹き、だんだんと葉が繁ってくる。そよ風と日光が適度に入り、時には慈雨が降り注ぐ。そうした環境を得ることも時間の問題と思われる。

※2013年3月の公開講習の日程
水曜日…13日と20日。土曜日…23日と30日。いずれも福岡市南区の野間会場で予約なしで入れます。参加費二千円。14時から時間自由。
福岡操体法研究会は第二土曜天神会場にて15時。二次会も参加自由。
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
血の通った知識は、人間を通じて伝わっていく
2012/11/26(Mon)
本で得る知識も役に立たないことはない。しかし血の通った知識は人間を通じて伝わっていく。
ひっつきまっつきして、いろんなジャンルの、いろんな先生と、同じものを見て、同じものを食べて、同じ空気を吸って、意見を交換したり、話をしたり。それが今の自分の、ほんとうの財産だと感じる。

もともと小さい頃から人なつこい。すぐに人を気にいって、気にいった人間を始終追いかけてはまとわりつく。そのまま家についていって、一緒に生活をともにしようとさえ、する。そんなクセが、私にはあると思う。
追いかけてまとわりついて相手に嫌われてはどうしようもないので、気に入られようとして努力をする。その人間の仲間になりたいのである。そのための努力が自分の能力を養い、ひいては自分の幸せになる。そういう結果に結びつく人間にはいつまでもまとわりつきたくなる。

逆をかえすと、好きだけれども努力に結びつかない相手もいる。自分の能力は養われるどころか、削がれてしまう。自分のためにならない。そういう結果にしかならないと気づいたら、急に興味関心が失われ、離れてしまう。
親しい関係になった途端に「ダメ人間でもどうでもオレが好きなんだから、オレが好きなお前で、お前はいいんだ」みたいな感じになると、もうあとが続かない。女は男性に期待することが大きいようだが、男性は女性にはあまりいろいろと追求しないようなので、結果的に恋愛関係というのは自分はぜんぜんダメだった。私は自分が成長することにしか興味関心のないエゴイストなのだろうと思う。
よって、先生と生徒という間柄が自分には最も住み心地がよいのかもしれない。
一生誰かの生徒であり続け、一生誰かの先生であり続けるということ、あり続けようと努力すること。それが自分の生活を一定の緊張感を保って成り立たせる、一番よいことなのかもしれない。

「絵描きになるぞ」と思っていたころは、絵描きさんを追いかけてまとわりつき、「物書きになるぞ」と思えば作家さんを追いかけてまとわりついた。彼らがどういう生活をして過ごしているのか、その日常の空気にひたりたかった。何を見て、どう感じ、どう考えているのかを、ぜがひでも知りたいと思った。
「翻訳家になりたい」「文化人類学者になりたい」
目の前に、自分の手本となるような人物がいると、もう頭の中はそのことでいっぱい。24時間考えている。「操体法で治療家に」というのも、私自身の中ではその流れの中にある。音楽家や絵描きや物書きや、翻訳家や文化人類学者になるといったことと、治療家になるといったこととは、私の中では何一つ矛盾しない。

客観的にいって、それは少々おかしなことかもしれない。だって、それらは全部べつべつの事がらなのだから。
「いや、そうじゃない」と指摘した作家さんが、いた。程度の差こそあれ、芸術は一続きの世界だ。音楽と絵画と言葉はバラバラではない。音楽のわかる人は絵画や文章にもそれなりの関心を示し、それなりにわかるものなのだ。そして翻訳といった言語をあつかうことも、人間の生活をあつかう文化人類学も、ひとつながりのことだ。治療・療術だって、そこにつながっている。私はべつべつのことをしてきたのではなくて、同じことをずっと追求してきたのかもしれない。

何気なくかわした会話の中から、一瞬の電撃のように伝わってきたこと。
それは時を超えて私の中で鮮明さを失うことなく、生きている。いや、時に応じて鮮明さを増して迫ってくる。
そのような知識の伝わり方もある。そのように伝えられてきた知識こそ、生きた知識であり、価値があるといえるのではないかと思う。
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「見てるだけ」の脳。「欲しい・どうしても手に入れたい」の脳。
2012/11/13(Tue)
ショーウィンドウで輝きを放つダイヤの前を「キレイ」と言いながらあっさり通り過ぎる人もあれば、黙ってへばりついたままの人もいる。手に入れて身に付けたときの自分の姿をリアルに思い描いている、真剣な目つき。
みんな同じ距離で師匠のやることを見ている人々にも温度差がある。心の距離はさまざまだ。
「あれをどうしてでも自分でやれるようになりたい」と思い詰めた目。穴のあくほど見つめていると、そのうち師匠の手の動きが自分の手もとに伝わって、師匠の見ている世界が自分の目の前で展開し、師匠の感じているさまざまなことが自分にも感じられるようになる。その瞬間がくるまで何度も何度でも飽きずに見ている。そういうときの脳波を計測すると、脳の全体に血流が活発にめぐっていることがわかるのだそうだ。自分自身が動いているのと変わらないような脳の活動を示すのである。
「あそこまでできるようにならなくてもいいけどね~」と思って眺めているときは、ショッピングで店員に声をかけられたときに「あ、見てるだけです。いいです」と立ち去って行くお客の脳波に近い。

操体法は技の数としては少ない。バリエーションはいくらでもあるが、単純な動きでしかない。じっさい動いてみれば初めての人にもすぐできる。初めての人にもすぐできる単純な動作だから、施術に使えて便利なのである。しかしそんなことを自分は二十一年もやって、まだ首をひねっている。
操体法のことがここまでわかるようになるまでに、これだけの年月を要したということではないのだろうと私は思う。「ぜったいできるようになるんだ」という決意ができるのに時間がかかっている。まだまだ本気が足りない。そう感じることがしょっちゅうだ。
理論を暗記しても、技をかたちだけやれるようになったとしても、そんなところに意味はない。そう感じている。

水墨画。水と墨だけの単純な世界の中に、どれだけあるかしれないグラデーションがある。そのグラデーションを感じ取れるようになれば、ヘタはヘタなりに素晴らしい画面を描けるようになるのも時間の問題だと私は思う。
感覚さえ。感じ取れさえすれば、よいのだ。自分の引いた線が、正しいか、正しくないかが、わかれば、あとは線を引くだけだ。
文章も同じ。作家の方にたずねたとき、「よい文というのがわかればいいんじゃないの」と言われた。自分の書いた文章が「いいかよくないかがわかるのなら、あとは書き続ければいいだけじゃない」。

「どうやったらできるようになりますか」「いつになったらできるようになれますか」と質問を受けることがある。昔、自分も師匠に同じ質問をした。質問するときどきに応じていろんな返事がかえってくる。
「単純なことだ。やろうと思えばすぐにでもできるようになる」と言われたこともある。
「単純だが、そうカンタンにはいかない」と言われることもある。
「わかるときは一瞬でわかる」「一発でわかる人にはわかる」そんな言い方をされることもあった。逆をかえせば、「わからない人にはわからないだろう」ということもありうるわけだ。
最近では、「ただコリをとればいいだけなんです。単純なことなんですけどね」などと施術中に説明されているのを聞くともなしに聞いた。「そのコリをとるっていうのが、またカンタンにはいかないわけで」とさりげなくつぶやかれる。そのつぶやきが妙に残った。重みのあるつぶやきに思われた。

「どうやったらできるようになりますか」「いつになったらできるようになりますか」とじっさいに質問を受けてみると、返事をしながら「どうしてこんな単純なことができないのか。ほんとはそのほうが不思議だよなあ」「どうしてこれがわからないか。そのほうが不思議だよなあ」と感じられる部分もないわけではない。「今すぐに、誰にでも、できそうなものだが」と思われることもある。いずれにせよ、私は「できるようになるまでつきあいますよ」と思う。私は自分ができるようになるまで師匠につきあい、あなたができるようになるまであなたにつきあう。そこには迷いがない。それだけは今の自分にウソはないということである。
この記事のURL | 操体法の達人を目指して | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ