FC2ブログ
どこを押しても痛くない苦しくもない疲れもしない-福岡操体法スタジオの講習会 freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp(☆→@)-
- 2011/11/20(Sun) -
吸っては吐くのを繰り返す呼吸のごとく、つくっては崩し、崩しては新たにつくるのが生命の生きるはたらきである。少しもじっとしていないリズミカルな不安定を保つ、生命の一呼吸一呼吸に対して一喜一憂するのはムダというものだ。

「一体どうなりたいの?」訊かれて母は「体のどこをどう動かそうと痛くも苦しくもどうもないようになりたい」と即答し、周囲の失笑を買う。
健康というのは疲れもしないし、体のどこにも一切支障がないという。ヨガをやっている人などが「あたしはどっこも、どうもない」と豪語してみせると、そういう体があるものと思い込み、自分にはそれが与えられていないと嘆いて、ひがみ、ねたみ、悔しさ、羨望といった感情に心を乱されるらしかった。

新体操の選手やスポーツ選手から目が離せない。あんな強い体、あんな自由な体で、やりたいことをやりたいようにやっている。らくらくと都合よく生きている。そのように思われるのである。
しかし彼らも生身の人間である以上、どこかしら心身に弱点を持ち、それを自覚もしている。体にしょっちゅう支障をきたし、無理を通してもいるのかもしれない。引退後にはそのしわ寄せを引き受けて生きていくのである。
母はそんなことには理解を示さず、テレビ画面に映る彼らの晴れがましい一瞬の姿を見つめる目には、羨ましさを越え、憎しみに似たものさえ浮かんでいる。

確かに痛みは異常を知らせる警報だけれども、あえて誤解を恐れずに言うと、痛みをスッカリなくしてしまうのが健康のゴールとするならば、それはほとんどの人の手に届かない永遠の理想でしかない。
人として生きる限り、生身の体である限り、ある程度の不便や苦しみは伴う。それはブッダが言ったことだ。生きるというのは一切皆苦である、と。

貧しい人が、金持ちを目指して生きるということもあるかもしれない。
体の弱い人が、体の強い人を目指して生きるということもあるかもしれない。
確かに金持ちには貧しいゆえの苦しみはない。しかし金持ちゆえの苦しみはある。貧しいのと金持ちと、どちらが余計苦しいかなど、カンタンには分かりっこない。
自分の体が弱いと思う人が、強さを目指してトライアスロンに出場することができたとき、そこにもまた、生身の弱さがあり苦しさが待ち構えているということを知るだろう。

考えられる限り有利な条件がそろっているように見えても、人間はしょせん人間。生きる苦しみから一切合財解放されたいという気持ちは私にもある。しかし本気でその実現を考えると、人間のままでは救われないと思えてくる。
人間の持つもの、心身の条件も全て含めて、いつかは変化し、失われる定めである。健康になったと喜んだのもつかの間、その微妙なバランスが、季節や生活の変化など何らかのきっかけで崩れ始める。しかし生きていれば崩れたものが新たに再建されたりもする。吸っては吐くのを繰り返す呼吸のごとく、つくっては崩し、崩しては新たにつくるというのが生命の生きるはたらきである。少しもじっとしていないリズミカルな不安定を保つ。その生命の一呼吸一呼吸に対して一喜一憂するのはムダというものだ。
ずっとずっと昔にブッダの唱えた「万物流転」ということである。

心身の平穏と安定である健康を本気で追求してゆけば生身の人間の限界が見えてくる。
ほんとうの意味での平穏とは、どういうことなのか。
永遠に失われない健康とは、幸せとは、一体何なのか。
本気で突き詰めてゆくと、ブッダの姿が見えてくるように、私には思われる。
ブッダの言っていることと、健康の道と、どこに矛盾があるだろう。
ブッダは宗教だから健康とも医療ともちがうというのも、それは考えかたの一つだからもちろんご自由である。


※操体法は自分で動きながら運動神経と感覚神経とを同時にはたらかせ、自律神経本来の働きを取り戻す運動療法です。自分にとって気持ちのよい動きを見つけ、ちょうどよい加減で動きます。
九州・福岡市内にて講習を行っております。自分の体の調整をおぼえながら、自分なりの活動を始めている方もいます。誰でも参加できる定例の講習会(参加費二千円)、少人数で申し込めるプライベート講習や個別もあります。
あなたもいっしょにやってみませんか。
お問い合わせ メール freeyourself.sotai★docomo.ne.jp (★を@に)もしくは080-1720-1097(山下)まで。
スポンサーサイト



この記事のURL | 健康に振り回されないために | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<医者との相談は大切にしてきたが、体との相談がスッポリ抜けていた-福岡操体法スタジオの講習会 freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp(☆→@)- | メイン | どこに逃げ込めばよいか。避難先をどこに求めればよいか。-福岡操体法スタジオの講習会 freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp(☆→@)->>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/867-8c26dfaf
| メイン |