FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
イザとなれば誰か有能な人にでもバトンを渡そうというのでは-福岡操体法スタジオの講習会 freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp(☆→@)-
2011/10/21(Fri)
科学技術でつくられるたくさんの物に助けられて過ごす生活だから、健康の問題も、どこかで何とかされているんじゃないかと甘い期待があったりする。しかし最後は爆弾も竹ヤリも、お金も役に立たない。地位も名誉も学位も、通用しない。最低限の知識は必要だが、決め手にはならない。他人の助けもあてにならない。
たったひとり。生身の自分で勝負をかける。自分の持っているすべてを賭ける。そういう局面に立ち向かうときがくる。大げさかもしれないけれど、健康の問題を突き詰めると、そういうことになるんじゃないかなあと思う。

私の持つテキストの一番さいしょのページには、「おんころや」とサインのある手書きの文章が載せてある。
「自分でなければやれぬことが四つある。
息と食と動と想は他人には代ってもらえない。
それに皆天然の法則がある。
知らぬと間違う。勉強すること」。

自分でなければやれない、他人には代ってもらえない。そういうことを私たちは日常あたりまえにやっている。しかしこの四行を目にするたびに、「深い」と思わないことはない。
どこかの誰かにうまいことやってもらっているつもりでいる。イザとなれば誰かにバトンを渡そうとして、もう最初から腰が引けている。そんな自分が、自分のどこかに潜んでいる気がしてならない。

健康の問題は、生身の自分で勝負。そう言い聞かせている。自分はそこからまだ遠いところで過ごしていると感じるからだ。
「守ってほしいと思っても誰も守ってくれない。だから自分でかせいで生きてきたんだ」などと家人は言うが、体のこととなるとお金で解決しようとして悉く失敗し、文句ばかり言う。本人もなんとなく「ビジネスほどうまくはいかないな~」と感じるところがあるようだ。お金をかせいでいるとか、世の中で成功しているとか、そういうこととは、ちょっと違う。うまく言葉では言えないのだけれど。


※操体法は、自分で動きながら運動神経と感覚神経とを同時にはたらかせ、自律神経本来の働きを取り戻す運動療法です。自分にとって気持ちのよい動きを見つけ、ちょうどよい加減で動きます。
九州・福岡市内にて講習を行っております。自分の体の調整をおぼえながら、自分なりの活動を始めている方もいます。誰でも参加できる定例の講習会(参加費二千円)、少人数で申し込めるプライベート講習や個別もあります。
あなたもいっしょにやってみませんか。
お問い合わせ メール freeyourself.sotai★docomo.ne.jp (★を@に)もしくは080-1720-1097(山下)まで。
スポンサーサイト



この記事のURL | 健康に振り回されないために | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/835-60ce9097

| メイン |