fc2ブログ
2024 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2024 03
恥ずかしがることなんか、ない・・貧困家庭に生まれ育った
2023/08/19(Sat)
皆さまこんにちは。
こころとからだな日々です。本日もよろしくお願いします。

自分は貧困家庭に生まれ育ったようです・・
「ようです・・」なんて他人事みたいな言い方ですが、
子供のころは、「うちは貧困家庭だ」などと思いもしなかった。
そのことが、今の自分にはとても不思議に思われます。

大人になった今の自分は・・多少は恥じる・・
みじめな気持ちになったり、将来を不安がったり、しちゃいますね。
もしも子供時代に、今の自分と同じような考えや、思いがあったなら、
外に出るのも嫌がったり、学校になんか、行かなかったかもしれない。
卑屈な態度になって、びくびくしてたかもしれない。
大人になった自分の目で、子供のころの自分のことを観察すると、
「貧乏な子のくせに厚かましい」とか、「やけに堂々として恥ずかしくないのか」とか、
思っちゃいそうです。

貧富の差がない学校だったのか、貧富の差がない地域だったのか・・
考えることって、今でもある。
小学6年生のときに、生まれて初めて、貧しいってことでいじめられて、
教室で泣いてしまいました。
一人の男の子が、「なんだ、おまえ、給食代も払ってないくせに!」と言ったんですね。
自分はそういうことにうとい子だったので、何のことだか、わからない。
「払わないくせに給食食べよる! タダで食いよる! タダ飯食い!」と、
重ねて言われて、自分は何か言い返そうとした。
そんなことは家庭の事情で、自分には関係ないこと・・
大人たちの問題・・親たちの問題を、子供の自分に言われても・・
なぜ自分が親のことで言われなきゃなんない?
自分にはどうしようもない・・なぜ親のことを、ここで持ち出す?
自分の親を侮辱しないで・・家のことなんか持ち出さないで・・
とまあ、いろんな気持ちがどっとあふれて、
気づかないうちに泣いてしまって、
後にも先にも、そこまで露骨な体験をしたのはそれっきり。
それで・・あのときのことは何日かに一度、何か月かに一度くらいは、
フラッシュバックのように蘇ります。

あれから三十年の月日が経って、初めて同窓会に顔を出したとき、
言われた相手に、「あなたから泣かされた」と笑って話しました。
その男性は、大手銀行のサラリーマンになってました。
やっぱり、そういう家の子で、そういう価値観の環境で育っていたのだなと、
私は感慨深かったので、つい言ってしまいました。
すると・・やはりというか、まったく身に覚えがないというのです。
隣に座っていた女性が、「あ、それ私おぼえているよ」って言ったのです。
その女性もまた複雑な家庭だったことを、私は初めて知りました。
男性は、平謝りに謝ったのですが、
「あんた・・まさかそのことで、ずっと恨みを持っていたりしたんじゃ・・」と、
心配そうにしていました。
個人的な恨みは不思議となかった。
ただ世間とはこういうものなのだと思い知った感はあった。
自分は社会常識にはうとい家庭だったので、いい経験になったと思っている。
人並みに労働しようという気持ちにもなった・・と、そんなことを伝えました。

子供は社会の縮図と言いますね。
そして社会常識を、家庭生活の中で学んでく。
家庭環境はそれぞれです。
親の生活感覚も、価値観も、常識も、少しずつ異なっていますので、
よかれあしかれ子供はそれを受け継いでいくわけです。
自分は貧困家庭で育ちました。
そのこと自体は、いいことでもわるいことでもないと、今は思っています。
きょうだい一人ひとりの中でも、感じ方・考え方がちがいます。
それはもう、子供のころからちがうんです。
自分は、どれだけお金がなかろうと、人は幸せをつかむことができるということを、
いつも心の中で念じていました。
貧困であることを苦にして、みずから不幸を演じる必要はないと、
自分の母親に伝えたかったのですが、できませんでした。
将来、母親にお金の苦労をさせないぞと、心に誓う者も中にはいたようです。
起業して社長になって母に楽をさせすぎて・・そこから先はまた別の話です。



本日もお読みくださり、ありがとうございました!
暑い日が続きます。ご自愛くださいね。
またいつかどこかでお会いしましょう!
皆々さまの心身のご健全を心よりお祈りいたします。
スポンサーサイト



この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/7544-f72cd7e4

| メイン |