fc2ブログ
2024 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2024 03
老化だって大切に味わいたい・・生活のクオリティは高めてく
2022/10/31(Mon)
階段を下りてるときに、着地した右足がクタッとなりました。
力が入ってなくて・・とっさに左足がカバーしてくれて大丈夫でした。
おかしいな、こんなこと、初めてだなって思いましたが、
気にしてもしょうがない。
「気をつけよう」と思いました。
その数日後のことでした。
つまずいて転倒して右ひざを強打、その場で動けなくなってしまった。
思いっきり転ぶだなんて、そんなことぜんぜんなかったのに。
コンクリートの床の上で動けるようになるまで待って、
どう転んだか考えていたのですが、
右足のつま先が段差に引っかかったのです。
じゅうぶんに、ちゃんと、つま先が上がっていなかった。
転んだ場所は、毎日行き来してるビルの入口です。
これまでに一度もつまずいたことさえ、なかった場所。

操体法の指導所で、今回の転倒のことを話したら、
「高齢者によくあること」って言われちゃいました。
今年、私は還暦を迎えたばかりです。
自分を高齢者だとは思ってません。
しかし筋肉の状態によって転倒するのだと。
着地した足に、体重を受け止めるだけの準備がなかったのも。
上げたつもりの足の先が、きちんと上がってなかったのも。
「みんなそれで転倒しちゃうんだ。よくあることだよ」と。
「この先、年を重ねるごとに、いままでになかった新しいことを、
体験するようになるんだよ」と。

新しい体験を恐れていてはダメですね。
自分は覚悟を決めました。
幸い、自分は操体法で今回の転倒を乗り越えました。
新しい発見があり、操体法の技術もアップしたと思います。
これまで以上に、自分の筋肉バランスを管理しながら、次の波に備えます。
年を取れば生きるハードルは高くなると思いますが、
生活のクオリティを下げることのないよう、ここは知恵の勝負といこうと思う。



たくさんの中から記事を読んでくださって、ありがとうございます。
また気が向いたらお立ち寄りくださるとうれしいです。

スポンサーサイト



この記事のURL | 生きるということ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/7435-646adcbd

| メイン |