fc2ブログ
2023 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2023 03
介護や看取りで孤立して・・人の優しさが心に沁みたエピソードを教えてください」
2022/09/20(Tue)
この夏は介護でたいへんだった。
人間の介護なら福祉や医療のサポートがありますよね。
でも老いて衰弱したネコさんにはサポートありません。
飼い主の自分がやるしかないんですけど、
猫友が、孤立しがちな私を励ましてくれてます。
メールのやりとりで支えてもらって、おかげでネコさんは元気を回復しそうです。

1月に転倒・骨折した90歳の母は、病院に預けることができたけど、
それは人間の社会の中で、人間どうしの助け合いができるから。
ネコさんを病院にまかせることはできかねますし、それで問題は解決しません。
一緒に過ごしてきた飼い主の目は、自分でいうのも何ですが、
専門家の目よりも確かなところがあります。
病院にまかせるのが飼い主の責任とは思えないんですよね。
しょうがないのでこの夏は、ほぼつききり24時間体制でネコさんを見守りました。

母はどうしたかというと、ありがたいことに退院してリハビリして、
現在は在宅で週に2回のデイケアに通うまでになりました。
母の介護のために、きょうだいのひとりが会社を退職しました。
母の世話は、退職したきょうだいを中心として、あと二人のきょうだいで、
24時間体制で見守りをしているようです。
ほんとは施設にあずけたほうが安心というか、ラクなんですけど、
今、あずけると面会さえ自由にできません。
入院していたときも、ほんとはもう少し長くを希望していましたが、
まったく会えず、付き添いもできず、隔離生活で認知症を発症してしまったんです。
あわてて退院させました。
けっきょく、施設にはたくさんのひとがいますので、
個人の希望や自由はわがままですよね。
預かってくれるだけでありがたい、くらいの気持ちでないと・・
それでね、たいへんだけど、
自分たちの希望があるなら自分たちで実現しよう、ってことで。
いっしょに過ごす時間をたいせつにしているようです。
私はネコさんの世話で母には会ってないけれど、
もともときょうだい三人が母と仲良しなので、
骨折前後で変更なしって感じですね。
母はきょうだいたちにまかせます。



こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の天和です今日のテーマは「人の優しさが心に沁みたエピソード」です色々なことが同時進行で起こり続けている今日この頃あまりの出来事の連続に、ふとした瞬間に心に穴が開いたみたく寂しくなったり、反対に心が感情を抱えきれなくて溢れ出したり。特に本格的に秋に突入すると、どこか感傷的な気分に浸ることが多くなり、わけもなく心がざわつくときがありますせわしなく進んでいく日常の...
第2228回「人の優しさが心に沁みたエピソードを教えてください」

スポンサーサイト



この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/7425-64616d8c

| メイン |