fc2ブログ
2024 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2024 04
嵐のあとの風情はしみじみしとるとね('_')「子供のころに嵐、大雨、台風が来たときの気持ちは?」
2021/09/08(Wed)
千年以上も前に、嵐に乱された風景を日本人が書き残しています。
台風や嵐のことを昔は野分(のわき、のわけ)っていう。
枕草子の「野分のまたの日こそ」っていうエッセイを読むと、
子供のころの感覚を昨日のように思い出します。
嵐が去った安心感、せいせいした気分で、あちこち見て回り、
見慣れた風景に大小の変更を見つけては新鮮な気持ちでした。
古典は現代語訳で読んでも古風で味わいがあり、
自分の中にも先祖の感覚が受け継がれてると感じます。
古い一軒家に住んでいたので、台風や大雨がくると揺れたりきしんだり、
雨漏りもして心細かった。
暗い家の中で母ときょうだいと寄り添って、しのいだのを思い出します。
近所に大きな川が流れており、
我が家は大したことなかったけど浸水もよくありました。
子供の感覚というのは鋭いといいます。
そして生きる力も子供のほうが強いそうですが、
子供のときの記憶は妙に鮮明で失われないものですね。




こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の一ノ瀬です今日のテーマは「子供のころに嵐、大雨、台風が来たときの気持ちは?」です台風が来たときはどちらかというとワクワクした気持ちのほうが大きかったように思います!ただ、実は音に敏感だったりするので、いきなり大きな音が鳴るような雷は今でもびっくりしてしまいます子供のころに嵐、大雨、台風が来たときの気持ちはワクワクしていましたかそれともビクビクしていましたか...
第2174回「子供のころに嵐、大雨、台風が来たときの気持ちは?」

スポンサーサイト



この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/7342-f4618a45

| メイン |