FC2ブログ
神さまがいる→神さまはいない「子どもの頃に信じていたこと」
- 2021/03/07(Sun) -
うちは無宗教だったけど、
なぜか最初は「神さまがいる」というところから私はスタートした。
学校に通うようになると次第に「神さまはいない」に心変わりして、
宗教を持つ子を特別視・無視するようになった。
それでも12月だけは毎年キリストとサンタが登場し、
お菓子やケーキが食べられる。
神さまはいないがクリスマスを祝い、神社で頭を下げる。
そんな家だし、そんな自分だった。

ヘルマン・ヘッセというひとの作品に、
信心深い家庭の少年が、
学校の友達に、「まだ神を信じてるなんて、
お子ちゃまだな」とバカにされる場面があり、
少年はその体験のショックで信心をいったん捨てます。
教会に通ったり聖書を読んだり、そんなにやってても、
信じ続けるというのは誰にとってもむずかしいものなんだな、
と意外に思ったのをおぼえてる。

イスラム教の国に住んでるひとは、
無宗教や、イスラム教以外の宗教を信仰するのはたいへんでしょう。
無宗教の国に住んでるひとは、
いかなる宗教でも信仰を維持するのはたいへんでしょう。
信仰の自由というのが法律で保証はされてるものの、
じっさい問題として自由な考えを持つということは、
生半可ではできなさそうに思います。




FC2トラックバックテーマ 第2147回「子どもの頃に信じていたこと」

スポンサーサイト



この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<菜の花っていろいろあるんだよ(^_^)アブラナ科のお野菜知ってる? | メイン | ゴミになる(^o^)「ガチャガチャ、カプセルトイは好きですか?」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/7327-a4c67ff1
| メイン |