fc2ブログ
筋肉をほぐす体の動きを追って-動かない関節を自由に動かしたい-
2011/06/14(Tue)
骨と骨をつなげているのは筋肉。関節どうしや関節をまたいで重なり合い、交差し合いながら全体つなげて丸ごと一つの体にする。それが筋肉だ。
骨だけあっても人の体は動かない。骨には筋肉がくっついていないとね。
骨格標本でぶらさがっている人体は、動きが伝わらない。
足の骨を動かしたら手の骨に動きが伝わるとか、そういうことはないのである。
骨の腕を手をとり、ぽとんと落としても、ちゃらんかん、とむなしい音を残すだけ。

年をとると、それまで何十年にもわたってあたりまえに動いていた腕が、ヒザが、動かなくなったりする。けがをしても、同様。
外から見ても、腕そのものには、べつに異常はない。「どうしちゃったんだよう」と、腕を見て、ヒザを見て、つぶやく。
仏教でいわれる諸法無我は、「からだの動き」を考えるときにいつも頭に浮かぶし、きっと役に立つ。
あらゆる「もの」は実体を持たず、いろんな関係そのもので成り立っている。
腕は、腕だけで存在するのではない。腕の先には肩があり、肩は首にもつながっているし、肩甲骨とも密接につながっている。
つなげているのは、筋肉である。腕の骨を肩とつなげ、肩の骨を首につなげ、肩甲骨ともつなげ、さらに関節をまたぎ、平行にあるいは交差し、重なりあいながら全体をつなげて丸ごと一つの体にしている。
頭の中で、骨格標本の骨たちに筋肉をかぶせてゆく。筋肉をかぶせて全体つなげて丸ごとにしたら、今度はかぶせた筋肉の重なりをほどいて引きはがしていって、風にゆられてちゃらん、かん、と軽やかに音を出す骨たちの集まりにしてしまう。

肩や首がこわばっている、体の関節の一部が正常に動かない。そういうときには、「からだ」には実体がなく、「いろんな関係なんだ」という見かたに切り替えたほうが、突破口になる。
体の問題は筋肉の問題で、ものの在り方や関係性の問題だったりする。
仏教もからんでいたり、する。
筋肉を中心に据えた操体法は、深い。

※九州・福岡市内にて操体法の講習を開いています。個別と集団講習が好きに選べます。
 くわしくは、080-1720-1097(山下)か、freeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)まで。
スポンサーサイト



この記事のURL | 早くラクになるためのヒント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<筋肉をほぐす工夫-まずはゆっくりと、ごまかしなく動いてみる- | メイン | 筋肉をほぐす体の動かし方を考える(2)-全身がつられて動く「タメ」と「連動」の関係->>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/693-5f6cd949

| メイン |