FC2ブログ
2020 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2020 03
ばかにつけるクスリはないー「バカだなあ」と「アホやなあ」ー
2020/01/08(Wed)

馬鹿という言葉をウィキで調べてみる。
予想以上におもしろく、いよいよ関心が広がる。
馬鹿という言葉、さいしょ誰が、どう使ったか、
諸説あるが決定的な由来はわからない。
「馬鹿」という言葉がひとに及ぼす影響は、
地理的により異なるということも知った。

ひとの愚かさというのは、
仏教では国境を越え、人類共通の、普遍的なところを指摘される。
しかし馬鹿という言葉の使われ方、それは決して普遍的ではない。
関東地域で馬鹿という言葉は軽い意味でもよく使われるが、
関西では馬鹿のかわりにアホ、阿呆という言葉がある。
「おまえバカだな」ってのが関東では親愛の情をこめたフレーズになりうるし、関西では「あんたアホやな」ってのが親愛の情をこめたフレーズになりうる。しかしその逆はない。
関東で「アホ」は慎重に使わないとね。
関西では「馬鹿」は要注意です。

自分は九州の生まれ育ちで、アホ、阿呆という言葉はなじみがなく、
どのような場面においても馬鹿という言葉が広く使われてる。
ひとを罵倒するには、
日本語はあまりに語彙が貧弱、少なすぎますと、
漢文の先生に伺ったことがあります。
言われてみれば確かにそうでしょう。
中国語などはひとを罵倒する言葉が言い尽くせないほどあって、
学校で教えてくれない中国の悪口ってサイトでは、
32の汚い言葉がまじめに紹介されてる。
日本のメンタル世界と中国のメンタル世界のちがいもあるでしょうが、ここ一発というときに発する攻撃の言葉、私は持ちません。
だから沈黙するしかない。
言葉にならない感情、かたちにならない感情が、
知らず知らずのうちに内部に押し込められてゆく、かもしれない。

むろんマイナス感情が出てこないのが最上でしょうが、
私も聖人君子ではないので、
知らず知らずに押し込められてきた負のものは、
発散ということで、何らかの工夫が必要と感じます。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ


i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

ご遠慮なくお問い合わせください。


スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/6877-7ab81b49

| メイン |