FC2ブログ
2020 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2020 03
イザってときの飛び道具ですよ(^o^)ー愚直なまでに操体法(^o^)ー
2019/12/16(Mon)

買い物してたら仲間にばったり出くわす。
ほんと何年ぶりかしらね、って話していたら、
ご家族が難儀してるとのこと。
「ひょっとするとひょっとするな」っていう、きびしい状況。

このひと操体法歴30年。
私より早く操体法に出会い、施術も欠かさず通い続けて、
講習にもかなり長く出席してあった。
しかし話を聞くうちに、理解がほぼ初心者並み。
操体法そのものには関心がないらしい。

操体法に通っているからといって、
操体法に関心あるかというと、そんなことはありません。
「ラクにしてもらえるのなら、なんだって、どうだってかまわない」
「さっさと安心して終わりにしたい」っていう、
おざなりな態度が見え隠れ。
体のことを学ぶ意味や楽しさをよくわからないまま、
30年後ついにピンチが訪れましたが、
「困れば病院におまかせ」ってパターンになっちゃいそうですね。

「それはねえ、そんな程度で済むようなケースではないと思うけどねえ」
「指導されたことをきちんと実行して、
指導されてないことは勝手に実行に移さないよう、
慎重になさるが肝要でしょう」
「今までたくさんの成功例、失敗例ともに私たち見てきたわけだから、
よく思い出して、こんなときこそ勉強やり直さなきゃ」
楽観的などんぶり勘定発言を耳にして、つい厳しい言葉になってしまう。

失敗ケースというのは、回復しないまま終わったケース。
指導された内容の理解及ばず、実行が的外れ、すれ違い、
指導されてない余計なことを気休めに実行されるなどして、
そのうち身動きとれなくなる。
「こうすると、こうなる。こうしなければ、こうなる」
たくさんのケースを目撃するうちに、ほぼ例外なく、
結果が見えてくる感覚は、しぜんに身に着くはずですが、
自分たち自身のこととなると盲目になっちゃうのが、
ひとの常かもしれません。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ


i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | 筋肉をゆるめ・ほぐす | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/6832-7325422d

| メイン |