FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
やらないうちからやめてた(^o^)ーやめる前にきちんとやっとこう、って「(^o^)ー
2019/05/19(Sun)

いいもの見つけた。内心ほくほくしてた。
これで何も恐いものはない。
操体法を続けりゃ老化の心配も病気の心配もなく、
人生ゲームこれで一丁あがり(^o^)って、
能天気に構えて三十代を過ごしました。
じっさい周囲も驚くほど元気になった。
幼少時から運動嫌いだった自分が、
山に出かけるなど考えられないことでした。
周囲に困ったケースを見かけたら操体法に引っぱりこんだ。
操体法は魔法だと思ってた。
「操体法だって魔法じゃない」と戒められることがあっても、
「いや操体法は魔法だ」と信じるひとは自分を含め少なくなかった。

最近になって指導の先生に泣きを入れた。
「こんなはずではなかったんですけど」って。
あの三十代の勢いはどこへ行ったか。
四十代に入って傾き始めた体調は、交通事故で決定的になった。
どこの病院でも「ほぼ再起不能」の扱い。
操体法でだいじょうぶなのか。
混乱してぐらぐらして疑心暗鬼になって操体法やめようと思ったとき、
やめるというほど自分は操体法のことやってたかな、と気づく。
ただ施術に通うだけで、考えがなかったから、
やめるには、まずやらなくちゃ、ヨシ操体法やるぞ、
って妙なリクツで初めて本を開き、研究会もマジメに通って、
「操体法って何をするの」って初めて考えた。

操体法に向き合うためには、
医者もさじを投げだすような、決定的なダメージが私には必要だった。
事故の後遺症でもなけりゃ操体法の本など開かなかったし、
体のことなど考えもしないし、研究会も適当にしか足を運んでない。
それでいて「自分は操体法やってますよ」みたいな顔して、
表を歩いてたに違いない。

操体法を追求するひと、熱心にやろうってひとには、
それぞれの事情、ってもんがあるんじゃないかな。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

記事をアップしました!!



i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | 操体法とともに-操体法との出会いから | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/6533-fbeddd96

| メイン |