FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
子を生む機械じゃない女性たちは男性と同じ働く機械にさせられるかも(^o^)
2019/05/03(Fri)

女は子供を産む機械じゃない。
そんなことが巷で言われ、
子を生み育てるだけが女じゃないってことで、
仕事に燃える女性がすばらしい、って持ち上げられる風潮さえある。
でも当たり前ですが、働く女だろうと子育てを楽しむ女だろうと、
どっちがいいとか上等だとか、ひとにいわれる筋合い、ないよ。
仕事したら特別すごいってわけでもないのに、
結局、落ち着いて家庭をつくり、
子を生み育てることができにくい社会になってしまった。
ただ女性を労働力として利用したかっただけじゃないのかな。
気がついたときは生む時期を逃したっていう女性も少なくないようです。

子を生み育てるか、そうしないかは、
本人の意思決定といわれますが、そうでしょうか。
私は何となく本人の意思の外にある意思、運命的なものを感じます。
子供にさほど関心がないというのも、
運命的に子供に縁がないから、と言えないわけじゃない。
何でもかんでも自分が選び判断し決定したことばかりじゃないでしょう。
自分が子を生み育てる流れにはなってないようだと、
うっすら気づいたのは三十代後半で、一年ほど焦りました「(^o^)
仕事がおもしろく、夢中になって忙しかったけれど、
あと数年で自分の子供の顔を見ることが永遠にできなくなるわけです。
でも子供は欲しくても、
そのひとの子が欲しいと思われる相手がいなくて、
事実上不可能ってことで、あきらめがついた。
あきらめをつけるときに、
「子を生み育てるのと負けないくらい、
価値のあることに取り組まなければ、
あきらめた意味がなく、後悔するだろう」
みたいなことを思いました。
そしていま振り返ってみると、
子を生み育てることに匹敵する事業など、そうそうない、って結論。
同窓生で我が子を生み育てるかたわら、
養子・養女を育てているひとがいて、
そういう選択肢も心の片隅で考えています。
子育て経験のない自分が半人前のような感じして「(^o^)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

記事をアップしました!!



i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/6514-dc92e251

| メイン |