FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
炎症が治らないなら切除します、でいいのかな(^o^)ー臓器がどんどん失われてくー
2018/12/18(Tue)

鼻の穴の掃除をして、薬を散布する。
それが耳鼻科で行われる鼻の保存的治療。
何を保存するかというと自分が親からもらったままの、鼻の粘膜。
これを傷つけたり切除したりしないということです。
しかし薬のいうこともきかないし、
お掃除してもすぐ汚れるとなれば、
もうダメ、見込みがないからひっぺがそう、っていうのが切除。
切って捨てる。保存しないわけです。

鼻の奥っていうのはね、両側に広がりを持ちます。
鼻腔っていうんですが、ほっぺたの骨の下のほう全体に、
広~い空間を持ってる。複雑な構造してるんですね。
鼻腔の粘膜全体を削ぎに削ぎ落とし、骨が露出するまで、やる。
それが鼻炎の手術というものなんです。
それで鼻づまりが治るというんですけど、
鼻づまりのみなさん、こんな手術で治ると思いますか。
まったく効果ありません。それどころか、って話。
しつこい後遺症をかかえてる私が言うのだから間違いない。
ほんの10年前までふつうにやってた手術ですが、
今はちがうんですよ、とネットに専門医が書いてました。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

記事をアップしました!!



i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
スポンサーサイト



この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/6334-3d0556b7

| メイン |