fc2ブログ
2024 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2024 03
毎日食べても健康をそこなわないもの
2011/03/11(Fri)
昔は旬のものしか食べられなかった。食物の種類こそ限定されるが最高のものをいただくことになる。一年を通して旬のものを食べると、日本は四季がはっきりしているから、結果的にはさまざまな種類の食べ物を食べることになる。

ワークショップのシメは相変わらずご飯。塩か醤油をかけるだけだが「やっぱりご飯はおいしい~」。飽きない。いつ食べてもうまい。「お米の味っていいですねえ。オカズなんかいらない」。
食事療法には「ばっかり食」がある。大根とかりんごとかを食べる。食べたくなくなるまで食べ続ける。見るのもイヤになるくらい食べ続ける。一定期間に食べものの種類を減らしていくつかにしぼるといろいろ改善が見られることが経験的に知られている。

私が子どもの頃に取り組んだ自然食も「ばっかり食」の仲間といえる。肉類はまだ摂っていたものの、砂糖や冷凍食品、菓子類は家の中から姿を消した。外食も控えるようになった。そのくらいのことでも家族全員、お通じに改善がみられ、病院通いがぴたりと止まった。
ある筋によると、今の日本の病気は「食いあらため」れば治るものばかり。
「食べ過ぎ社会」なのである。
しかし「食べてやせる」というのは宣伝文句になっても、「食べずに治す」とか「食べずに健康」とかいうのは逆宣伝になりかねないと聞く。
甲田光雄医学博士の食べ方指導は長期にわたり大きな実績を持つ。書籍で読んだだけでも「食べる」ということはあだやおろそかにできないと痛感する。病気の元の元をたどると、「食べる」ということをおろそかにしたことに行きつくと言ってもいいくらいだ。

「食べる」ということは命のやりとりに他ならない。たとえ菜食であっても、米は種子。種子は動物でいうとタマゴにあたる。何千万、何億もの新しい命の可能性を、煮たり焼いたりして食べるのだ。
ということは、食べものを粗末にするのは、命を粗末にすることにつながるのではないか。
食べ過ぎは、自分の命をつなぐために食べることを大きく通り越す。そういう意味では遊び食いともいえる。食べることを遊びにするということは、命をもてあそぶということにも通じるのではないか。
命をもてあそんだ結果の病気とすれば、命の取り扱いを考え直すほか、ないだろう。

食べることをまちがった人の行く末を見ていると、命の働きには恐いものがあると思わざるをえない。
こうなってくると、「命を大切に」の理由が違って見えてくる。命ははかなくて弱々しいものだから、いたわってあげないといけない。守ってやらないといけないというような意味ではなく、その反対で、命とは恐ろしいものなのではないか。
命を粗末にあつかえば、しっぺ返しがくる。命のあつかいをまちがうと、命の働きが自然の働きに忠実であることによって、自分自身が苦しい目にあう。だから命を大切にする方向でものごとを考えることが、結局は自分が楽しく過ごせることにつながるのではないか。

食べることにはずっと泣かされてきた。
11歳から15歳までは「安全な自然食」に切り替えて、それなりの効果を実感した。
三年のブランクの後、18歳から29歳までは「玄米菜食」に。
しかしそれでもうまくいかない点が多々残るのだった。
30になってからは玄米をやめ、菜食のみにした。しかし制限するということそのものが面倒だ。もう食の面倒からは解放されたい。ということで、最近は食べること全体を縮小しつつある。食べものの種類も量についても削減し、内臓の負担を軽くしたいと思っている。
内臓の負担を軽くするだけでなく、動物的な欲、むさぼりといった内面のことも、軽くしていきたいと思っている。もう、食べることをあれこれ考えたり食に煩わされることなく生きていたいのだ。

教室に来られている方に、「甘いものを食べるというのはそんなにいけないことか」とあらためて尋ねられた。説明するうちに、「なるほど。食べてないと思っていても、けっこうな量を食べているんですね。わかりました」とおっしゃって菓子類を断たれた。すると数カ月にわたって苦しめられていた、ある症状がスッカリよくなってしまった。「甘いものを食べたくてしょうがない。やっぱりお砂糖の中毒っぽいです」と言われるので、干しイモや干し柿など、自然の甘味をお勧めし、あまり無理しないよう、お話した。しかし一カ月ごとにお会いするたび改善点がはっきりと見られるので、ここまで変わるのだな、とさすがに驚いた。
遊びのつもりで食べているのが、だいじなものを奪われ、命までとられかけている。
そんなこともあるのかもしれない。。

  
腰痛体操・肩こり体操を含めた

操体法教室のご案内


  福岡市南区のほうで曜日・時間帯が選べます。
  お気軽に足を運んで体験してください。





スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/626-acec853a

| メイン |