2018 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 07
かしこい患者さん(^o^)
2018/06/10(Sun)

病院は新手の宗教の教会、白衣の医者は司祭であると、
指摘するお医者もいます(『医者が患者をだますとき』)。
医者と一口に言っても、いろんな医者がいますね(^o^)

もともと医療と宗教はなわばりが重なってます。
心のやすらぎを求めて走りこむっていうのなら、
確かに病院は教会になっちゃってるし、医療全体が宗教化してる。
だから治療の実績や具体的なデータなんか調べもせずに受け入れちゃう。
平気で「治らないよ」なんて。すぐ言われちゃうし「(^o^)
求められているのは治癒回復の実績ではなくて、
むしろ心のやすらぎのほうかもしれない。

私の未来は病院の検査なんかでは推し測れない。
今の自分は、そう思ってます。
毎日自分の体は自分で検査しています。
操体法で一日に何度だって、好きなだけ検査できる(^o^)
自分の人生の決定権は、誰の手にも渡さない。
操体法とともに歩んできた中で、体験を積み重ねるうちに、
いつの間にかそんなことを思って過ごすようになってました。
病院なんか、ガチでつきあうことない。
ただ不安なとき話をしに行く場所。
ちゃんと話をきいてくれて、
話相手になってくれる医者を訪ね歩けばいい。
気に入らなければ他にいくらでも医者はいる。
ちゃんと先に電話をかけて、探りを入れることも重要。
安らぎを求めて白い巨塔に通うのも一つの選択肢だから、
危険な検査や危険な療を勧められても、
そこはじょうずにくぐり抜ける自信があればいい。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

記事をアップしました!!



i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


スポンサーサイト
この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/6005-f002e49b

| メイン |