FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
腎臓治すのに便秘治さなきゃならんのか(^o^)
2017/12/02(Sat)

便秘とかダメですよって言ったら、
「え~っ! どうしてですか!」って仰天された。
「わたしもともと胃腸が弱いんです。
でもいま胃腸どころじゃないんです。
腎臓で困ってるんですから、
便秘なんか、どうだっていいじゃないですか!!」
そういう話になる。
この意識のギャップに私は頭をかかえる。

と・に・か・く、腎臓を治したかったら、
快食・快眠・快便を実現しましょう。
そうすれば腎臓だろうと肝臓だろうと、
ご満足いただける結果が出るはずです。
頭痛もあるし、めまいもあるし、首も肩も固いし、
そういうの、ぜんぶ取り組みましょう。
きっとご満足いただけます。

病は腸から。
脳疾患も心臓疾患も、腎臓だろうと肝臓だろうと、
すべては、腸。
便秘なんか言語道断。
お腹の中を食べ物が通過していく。
それが停滞する。ゆっくりになる。
するとお腹で食べ物が腐ってしまう。
腐るとは毒素がつくられるわけです。
どんなにおいしい食べ物も、
どんなに栄養豊富な食べ物も、
腐らせちゃったらパアです。
毒素は粘膜から吸収され、
全身をめぐり、組織を侵します。
肝臓だって腎臓だって心臓だって脳だって、
毒にやられちゃうんです。

お腹に食べ物が停滞しているにもかかわらず、
一日三食とか夜食とか外食とか、
適当なこと、やっていると、
それこそが慢性病の原因でなくて、なんでしょう。

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

記事をアップしました!!



i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | 食生活の基本的発想 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/5704-0101a85d

| メイン |