fc2ブログ
2024 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2024 03
するか。しないか。それを決めるのは自分自身の大切なしごと
2010/10/29(Fri)
「毒性物質なら食品への使用が禁止になるはず。認可されているなら安全なはず。おかしいですよ」という意見に、「おかしくないんですよ、それが」。食が話題になるとこんなやりとりになる。

毒性があるか・ないかを指摘するのは毒物の専門家の立場で、毒物を避けたいというのは消費者の立場だろう。しかし食品を生産・製造・流通・販売するそれぞれの立場からすれば、別の判断と決定もありうる。もともと相反する立場の、これら多数の意見を総合し、全体的に、つまり現実的かつ大まかな判断をするのが国の行政の立場である。毒性を回避して生きていく方針と反する決定が下されていても、べつにおかしくはない。むしろ当然といえるのかもしれず、そこに腹を立ててみてもキリがない。しかしたいていの場合、人は忙しいので面倒を避け、これら全ての立場をごちゃまぜにする。自分もみんなもいっしょのつもりだから「おかしいですよ」などと平気で、言う。裏返せば「国がいいと言ってるんだから、いいことなんじゃないの」「ちゃんと認可もされているんでしょう? じゃあそれでいいと思うわ」ということにもなる。

インフルエンザの予防接種は「根拠がなく危険だ」と訴えている人々と、「最も安全に生きる方法だ」と訴えている人々とが、いる。二つの内容は相反している。「つまり私たちはどっちにすれば、いいんですか?」と言いたくもなる。
現状は、「インフルエンザの予防接種はよいことなのでみんな受けなさい」というメッセージだけが全国にだらだらと流されている。テレビや新聞もそのまま従って「予防接種は受けたほうがぜったいに、いい」と言いきっている。しかし、した方がいいか、しない方がいいのか、その判断と決定をするのは国でもメディアでもない。
仮に、インフルエンザの予防接種が生命の維持には大いに有効だとしよう。だからといって「それじゃあ全員に予防接種すればいいことじゃないか」と行政が個人になりかわって決定を下せるものだろうか。逆に、インフルエンザの予防接種が愚行に他ならないのが事実だとしよう。誰も受けたいとは思わなくなるような事実があるとしても、それでも「予防接種をしたい」という気持ちを持つ人はいるかもしれない。事実を知らせるのは大切なことだが、判断と決定に他人が踏み込むことは本来、誰にもできないのではないか。

予防接種のPRやガン検診のおすすめキャンペーンが盛大に行われている。どのような立場から出されているメッセージなのか、立ち止まって考える人は少ないし、おせっかいだ耳ざわりだという話もとんと聞かない。自分たちのことを思いやる、親切なサービスだ、大いにけっこうなことだと思われているのかもしれないし、自分とは関係ないことだと知らんふりされているのかもしれないが、した方がいいか、しない方がいいのか、その判断と決定については人それぞれの生き方だ。答えは決して一つではない。
「ああしろ」「こうしろ」と言われるのが何よりも嫌いな私だが、自分が「よい」と思ったことはみんなにもよいことなんだとつい思うこともある。しかし他人になりかわって失敗の責を負うことができない以上、判断と決定の領域には誰も踏み込めない。たとえ専門家だろうと国家だろうと口をはさんでよいものではない。

周囲の目を気にして遠慮して、人の意に沿うようにと考えて行動しても、ほうびをもらえるでなし、ほめられるでなし、出てきた結果は自分がかぶることにかわりはない。人の親切なアドバイスはうれしくとも、それを受け入れるかどうかの判断は、相手への感謝や遠慮とは少し距離を置いた方がいい。とくに健康や病気の問題については、出てきた結果を誰か他人に肩代わりしてもらうわけにはいかないのだから、ここはぐっと自己責任で踏ん張りたいものだ
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/568-ab6b68e8

| メイン |