2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
しつけとしての歯磨きー医学ではなくて文化ー
2017/09/04(Mon)

学校で歯磨きを指導するべきかどうか、
教育現場では悩ましい問題だと保健の教職の教科書にある。
歯のコンクールで上位になる児童というのは、
必ずしも歯磨きしてるとは限らない。
むしろやってない!
そういう観察結果が事実として、ある。
学校では髪をといたり顔を洗うといった身だしなみの一つとして、
歯磨き指導を入れとこう、っていう意見でまとまってる。

自分が歯科医だったなら、
ブラッシング指導の定期的なお知らせで、
お口の健康に注意を喚起します。
定期的に歯科医に足を運ぶ習慣をつくって、
仕事を確保したいですね。
でも私は歯医者に行かなくなってから、
確かに歯のトラブルがなくなりました。
歯茎もまったくだいじょうぶです。
自分の経験から考えても、ブラッシング、あんまり関係ない。

歯ぐきや葉の状態は全身状態と密接に関係している。
どこの歯が一番やられやすいか、
ひとによって違うそうですが、
歯の健康と、内臓の健康にも対応した関係があって、
歯だけ治そうと思ってもなかなか治らないようです。
虫歯や歯茎のトラブルも、全身病ということでしょう。

磨かないと歯がスッキリしないというほうが、
問題ありかもしれません。
口の環境が乱れている、という警告のようなものではないでしょうか。
磨かなくても歯は基本的に汚れません。
むしろそのように食生活や生活全般を持っていくほうに、
私は関心があります。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

記事をアップしました!!

財布にやさしい油は体にやさしくないー悪玉油と善玉油ー


i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習②プライベート実習③個別実習(3000円) 
※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


スポンサーサイト
この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<固定した症状ーもう治りませんという病院からの宣告ー | メイン | ブラッシングに意味はあるかー「1日に何回歯を磨きますか?」ー>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/5549-f163f1f6

| メイン |