2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
自転車は私の生きがいで、治すのはあんたの仕事ー自力療法の意味ー
2017/08/25(Fri)

三十年の長きにわたり趣味の自転車をこいできたひと。
サイクリングスポーツは運動にもなり、心身のリフレッシュにもなり、
よいことづくめ、、、と思っていたし、現在も、そう信じている。
でも、この世の中に、よいことづくめって、ないもんだ(^o^)
サイクリングスポーツに取り組んでいるひとは、
脚の各部が独特な動きをして変形もしている。
人間の体は、あんな機械のペダルをこぐようには、
もともとできてないんだなあと思うことしきり。
私も自転車大好きだったけど、
指導者にこっぴどく言われて、やめといてよかったな。

見かけだけで済むならまだしも、
股関節障害が、日常生活にじわじわ押し寄せる。
心臓の拍動にまで影響が及ぶことも少なくない。
このひとはどうなっていくんだろう。
このひと、いつ、どうするだろうと、ここ数年、見守ってきた。
自然法則を外れた期待は決してかなわないということが、
いつ、どのようにして悟られるのか、
そこはひとそれぞれの人生ドラマ。
自分も告げるべきことだけは、告げる。
ものすご~く嫌われるけど(^o^)伝える責任あると思うから。

スポーツを引き続き楽しみながら、
長年にわたってコトコト煮詰めてきたコリや障害を、
週一度の施術で解消したいっていう期待。
言われなくてもよくわかるし、そうなればいいね、って思う。
しかし結果を見たら、このままでは努力不足。
本人の話でも明らかだし、それでも本人の自覚はにぶい。
「治すのはあんたの仕事でしょ」とまでは言われないけれど、
じりじりした気持ちが伝わってくる。

私は「誰しもやりたいことは自由にやっていい」と思ってる。
「誰しもやりたくないことは自由にやらないでいい」とも思ってる。
いつ何をどうしたらよいのかは本人が一番よくわかると思うし、
わからなくても結果を引き受けるのは本人の体でしょう。
本人が決める以外に、誰が決めますか。
「よい」というのは、誰にとって、どのようによいのか、
客観的な正しい答えなんか、最初から、ない。
なだめすかしたり脅したり、したほうが結果がよくなるなら、
してあげてもいいけど、どこかちがうと思うし(^o^)
橋本敬三先生、わたし、どうしたらいいですかって、
思うときは著書を開きます。
そしたら「やるもやらぬも本人の自由」って、ちゃんと書き遺してある。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

記事をアップしました!!

財布にやさしい油は体にやさしくないー悪玉油と善玉油ー


i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習②プライベート実習③個別実習(3000円) 
※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。



スポンサーサイト
この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<あいまいだから続いてる(^o^)ー自分の気持ちがわからないー | メイン | そのままでいいの?-反復の恐ろしさー>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/5533-73c0c504

| メイン |