FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
食べるのは出してからー飽食社会の「ふつう」は食べ過ぎー
2017/05/07(Sun)

食べ物に賞味期限というのがあります。
いつまでも置いていては、わるくなるでしょう。
お腹の中でも同じです。
口から入れたものが、およそどのくらいの時間をかけて消化されるべきか、
「消化期限」があり、
いつまでも未消化のまま腹におさめておくと、
どんなものもわるくなります。

実力以上に食べると、腸は渋滞します。
腸の長い管の、どこが渋滞しやすいところか、
解剖図を見ると誰でもわかるでしょう。
腸管がまっすぐのところよりは、曲がってターンしているところ。
とくに下から上へ、内容物が重力に逆らって移動すべきところ。
渋滞しやすいところに病巣ができたりするんです。
消化期限を過ぎると、内容物はよくないものになって、
有害物質が全身にまわるとともに、近辺の組織が先にやられる。

渋滞は異常な消化です。
完全な消化ではなく、不完全消化とでもいうべき状態です。
菜食になさいと言われるのは、
ただ菜食にしたら治るということではない。
腸で渋滞するのなら、動物性の腐敗より、
植物性のほうが、リスクを減らせます。
菜食に切り替えるだけで足りるケースもあるでしょうが、
足りないケースも当然ありますし、
食の制限がじょうずなひとは、まれです!

腸の正常化をはかるため、
口から詰め込む量は少ないほうが望ましく、
動物性を控えるほうがリスクを減らせる。
そして何よりだいじなことは、重い腰をゆるめ、
腸管の動きを正常に近づけること、でしょう(^o^)。
(了・お読みいただきありがとうございました!)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ


記事をアップしました!
↓↓↓こちらをワンクリックでサイトが開きます!(^^)!


つながりを見る治しかた・つながりは見ない治しかた


i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(三名~)③個別実習(3000円) 
※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/5330-78f4f582

| メイン |