FC2ブログ
麻酔をやって意識が戻らなくてもあたりまえ?
- 2010/03/26(Fri) -
養老孟司さんが福岡にやってきた。テレビや著書には出てこない面に触れる機会なので出かけた。「薬はぜったいのまない。体でどんな作用が起こるか誰にもわかってないから」という発言を印刷物に残している方なので確かめたいとも思っていた。講演の趣旨とはずれていたし、質問者も多かったので回答はないものと思ったが、意外にもコメントはなされた。
「薬なんざあ、のめと周りにうるさく詰め寄られれば私だってのんでみせることはある。なあに一度や二度のんだからといって死にはしない。ほんとにのみたくなかったら、のんだフリしてポケットに入れちゃえばいいだけのことなんだ」とぼやくように一言。そのあと別の趣旨で話が進むうち、「不幸にしてか幸いにしてかはわかりませんがね、こんど何かの手術を受ける機会があったら医者にきいてみなさいよ。麻酔をやるとどうして意識がなくなるんですかって」
へへへへっといたずらっぽく笑ってこちらを見ている。少々意地の悪い養老スマイルだ。「9割がたの医者が口をつぐみますよ~。不機嫌になるでしょうなあ~」
「じつはわかってないんです」真顔できっぱりと、言う。…続き 福岡操体法スタジオ「麻酔から意識が戻らなくてもあたりまえ?」
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<はだしという本能的快感を楽しむ | メイン | からだに寄り添う時間と手間はどのくらい必要なのか>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/509-2c9f6e62
| メイン |