FC2ブログ
治らないと言われたり治ると言われたり
- 2010/03/21(Sun) -
「これ治りますかってT先生に尋ねたら治らないって言われたんですよね、でもI先生はそんなことないって言うんですよ。どっちがほんとなんですかね」そう訊かれたので、「どっちも本当だ」と私は返事をしておいた。

今日は天気がよかったので一日好きに歩いた。河原の土手をのぞくとタラの木が散見される。山菜の王者呼ばわりされる木だけに、芽を摘まれた痕のないものはない。乱獲されて立ち枯れしたものもあり、枯れる一歩手前という弱りきったものも多い。幸運にも数メートルにまで育った大木もあるが、木肌には芽を摘まれた痕が無数に残る。大木を観察していると、どの芽を摘まれたのちに、どこがどう伸びていったかが、枝の伸びた方向やかたちから見える気がする。芽を摘まれた傷痕は、癒えているのだろうが、摘まれたことをなかったことにはできない。人間もそれと同じではなかろうか …続き 福岡操体法スタジオ「治らないと言われたり治ると言われたり」へジャンプします。
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<からだに寄り添う時間と手間はどのくらい必要なのか | メイン | ハンドバッグを握ったまま波間に浮かんでいた一晩の長さ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/503-ca81657b
| メイン |