fc2ブログ
2024 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2024 04
自由と野生の味ー「思い出の味といえば?」ー
2016/09/24(Sat)

みっしりと歯ごたえのある肉で、香ばしい味噌の味がしみてくる。
クジラ肉のような歯ごたえ。
やまくじらとはよく言ったものだと思う。

「いや美味い」と目を丸くする私に、
「イノシシですよ」と知人が笑う。
ふだん肉を食べない自分だが、おかわりした。

子供のころは野生の鳥を年に一度、食べさせてもらっていた。
鉄砲で撃たれて冷たくなった、
大小さまざまな鳥たちの重ったるい感触が、
この両手にまだ残っている。
「生きているほうがよほどよいのに」と思いながら、
なでさすった羽の感触も、おぼえている。
さばかれた腹には丸いドングリがぎっしり詰まっており、
キモが取り出されていったりする光景を、
夢でも見る感じで眺めていた。

「あれはほんとうに美味しかった、
あんな美味しいものはあれで最後だったね」などと、
ときおり話題になる。
もう半世紀も前の味の記憶であるが、
スーパーに出されている肉など、
不幸で不自由な家畜の肉など、
見ても食べたいと思わない。
そういえば中国から来た留学生が、
「日本の野菜も肉も味がしない」と驚いていたのを、ふと思い出す。
「本国に戻ったら腹いっぱい食べてくる」などと話していたが、
振り返ればそれも三十年前のこと。
中国の肉の味は、いまどうですか。
たずねたい気がしている。

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

i
 ※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。

操体法実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
スポンサーサイト



この記事のURL | 食生活の基本的発想 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/4520-2f3a5620

| メイン |