fc2ブログ
2024 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2024 04
ふちに手をかけてエイヤっと飛び出してみる
2009/05/29(Fri)
水に入れたカエルをゆっくりとあたためていく。出ようと思えばいつでも出られるくらいのところまで水はあり、ふちは手を伸ばせばすぐのところにある。
鍋の中で、カエルはスーイスイと泳いでいる。
有名なゆでガエルの話である。鍋はゆっくりあたたまっていく。カエルはすいすいと泳ぎつづける。だいじょうぶなんだろうかと思うが、あわてた様子もないし鍋から出てこようともしない。本人がああしているんだからだいじょうぶなんだろうなあなどと思ううち、はたしてカエルの動きはとまる。引き上げてみると息もたえだえである。これでは助かるはずも、ない。

慢性病のおそろしさは、まさにここにある。病気そのものよりも、感覚の働かなくなることのほうが、よっぽど重大である。そして突然に「急にわるくなった」とあわてる日もくるのだが、急にわるくなるなどということは、まずありえないわけで、たくさんの見落としをして、「だいじょうぶだ」とカンちがいをしたまま時を過ごしてきたということ。気がついたときにあわてて病院にかけこむようでは、もはや手遅れ。死にはしないまでも、きちんと回復するにはいたらない段階であることが多い。

出ようと思えば、いつでも出られる。手を伸ばせばカンタンに出られるところに鍋のふちは、ある。出ることじたいは、ひょいと一またぎで済むことだが、じっさいに鍋から飛び出してくるのは、ごくわずか。ほんの一部だと思っていい。
私たちは、大きな、大きな鍋の中で泳ぎつづけている。じゅうぶんに間に合うタイミングで、「ああ、もうガマンできない。なんてあついんだ、ここは!」と気がつく感覚が、命を救う。そうやって飛び出してくる数が、少しでも増えることをわたしは願う。
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/397-a4d8d8d0

| メイン |