FC2ブログ
体を無理して稼いだ金が体に消えてゆく
- 2015/06/26(Fri) -

経済のため、深夜の労働が増える。
機械は昼間も夜も関係ない。
夜間操業のおかげで、ふところがあたたまる。
そのあたたまったふところから飛び立ってゆくお金は、
病院や治療院を目指してまっしぐら。

仕事できつい思いして、生活も乱れて、
体も心もガタガタだ。
いったい何のための努力?
いったい何のための苦労?
そばで見ていて悲しいのである。
そしてついに、
あらゆるものを犠牲にして守ってきた仕事に、
さしつかえが出てきた。
頭も働かなくなり、体もよれよれである。(続2)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。



 
i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも可。
携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①集団講習(参加費2000円)②プライベート実習(二名2500円。三名~2000円)③個別実習(3000円) ※②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


 お問合せ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)携帯・PC可。
    携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯のみ。
スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<仕事のためにこわした体で仕事できなくなる | メイン | 体の昼・体の夜がこわれるとき>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/3323-716837c8
| メイン |