fc2ブログ
2024/03 ≪  2024/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2024/05
ときにはざんげ・反省のこころ(^o^)
2014/07/01(Tue)
自分のよくないところって、そりゃありますよ。
自分でもわかってるけど、ひとに言われたら、ほんとイヤ。
「おっしゃるとおりで申し訳ありません。以後、気をつけます」って、
すなおに頭を下げられたらと思うんですけど、
「まったくの言いがかりだ!」と感じたり、「あんたに言われたくない」とか、
思うこと、ありませんか。
そうなんですよね。
どんな人間も、欠点や弱点、不完全なところ、あるし、
相手が間違ってることを言うことも、ある。
欠点や弱点を持ってるひとに指摘されても、
「あんただって似たようなものじゃないの。
ひとのこと言うまえに自分はどうなの」なんて言葉、
出かかっちゃうかもしれません。
そうなるとサイアクですよね。
ガマン、忍耐でその場は切り抜けられたとしても、
ほんとにイヤですよね。
体にとっても、そういうストレスよくないです。
言われたくらいで治せるのなら、苦労ないです。

ひとに言われるまえに自分で。
年を重ねていくうちに、失敗を重ねていくうちに、
自分で自分をよく観察しておくことは、有効な対策と知るようになりました。
いつ、どんな言いがかりをつけられても動揺しません。
「おっしゃるとおり。それがなにか?」くらいの余裕があればいいんです。
まず自分を、ほめることから始めるんです。
自分をほめるのがじょうずなひと、自分に自信が持てるひとは、
自分のよくないところを正視するだけの、心のゆとりがあるひとですよね。
さすがにそこまで言うひとはないだろうというくらい、
どれほどきびしい見方ができるか。
自分をきびしく見ることのできる自分を、最大限にほめます。

これは他人にはわからない自分の内面の作業です。
しかし人知れず取り組んでいくと、意外な効果がありました。
自分がいちばん油断してるときに、言いがかりにさらされたりします。
以前はビックリして、パニックになって、
相手の言うことなんか、さいごまでちゃんと聞くことさえ、できない。
自分を守ろうとするだけで精一杯。
でも、言いがかりと思われることに、よくよく耳を傾けると、
相手の言ってること、わかる気がしたりする。
よく見ているなと感心することも、あります。
立場がちがうから、そのようにも見えるだろうなとか、
このひとは、何を望んで、こんなこと言ってるんだろう。
言ってることがすべて事実だとして、それがなんなんだろう。
そんな大きく騒ぐ必要あることかしら。
そんなふうに思われてきて、けっこう平気になるもんです。

見ず知らずの相手なら、さいごまで聞かずにスルーすることも可能。
見ず知らずで、私のことなんか、わからないでしょうから。
見ず知らずとも言えない相手なら、めんどうはスルーしていい。
スルーできないのは、そうカンタンに関係の切れない相手ですよね。
自分も傷つかず、相手も傷つけたくないけど、
もはや修行と割り切って深掘りするのも一つかも。

スポンサーサイト



この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/2350-91e2b6ad

| メイン |