FC2ブログ
一生楽しく過ごせます-体はこわれない。「こわされる」のである-
- 2014/05/14(Wed) -

体を酷使することが体を育て、成長させるというのは「スポーツの頭」だ。
それでやっていけるうちはいいが、事実ではない。

体は酷使すれば、じわじわこわれてゆく。
身体の酷使は暴力というのに近い。
近い将来もしくは遠い未来には、
痛み苦しみと後悔が待っているのではないかと、よくよく考えてみる。

操体法の橋本敬三医師の言であり、
そして自分もいろんな人の体をみてきて、気づくこともある。
自分自身もがんばり屋で、体をいじめ抜くのが好きなほうだから、
自重しなければならない、自戒しなければならないと思うわけである。

いかに健康目的であろうとも、スポーツや娯楽で体をこわすということは、
自分の体に暴力をふるったということ。
よくよく肝に銘じたい。(続)

↓お読み下さりありがとうございます。よろしければワンクリックお願いします。
↓サイトが開いたらOKです。



操体法講座(グループ実習)のお知らせ
※5月のご案内  
※操体法実習の日程
5月10日(土)15時~
5月21日(水)14時半~
5月24日(土)14時半~
5月31日(土)14時半~
その他の日程についてはお問合せください。(080-1720-1097もしくはfukokasoutaihou☆yahoo.co.jp ☆は@に)

※誰でも参加できます。初心者・体験歓迎。(参加費二千円)

i


※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも受信可。
    携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯同士のみ受信可。


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①グループ実習(参加費2000円)②ゆったりプライベート実習(二名2500円。三名~2000円)
③じっくり個別実習(3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)携帯・PC受信可。
    携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯からのみ受信可。



スポンサーサイト



この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<なぜ急にわるくなった?-「いつか限界きてこわれます」という体の運び- | メイン | 一生使える体の使い方-こわれるまで気がつかない->>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/2222-bfb74a89
| メイン |