FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
ツボを体にプリントしたら-どこがほんとのツボなのか-
2014/03/09(Sun)
ツボの場所は暗記したらいいだろうか。図を参考にすれば誰にだって見つかる。そういうのがツボだろうか。鍼灸の世界は、患者に経絡とツボをプリントした全身タイツでも着せて、「こういう症状の場合はこことここ」とチャートで答えを導けば、それで終わりの世界なんだろうか。

ツボや経絡は目に見えない。最終的には経験とカンが頼りだろう。季節や状況により、個人により、位置も深さも変化するのがツボだと聞く。圧痛ポイントというのは、橋本敬三医師が経絡やツボの概念が入っている。ツボを応用・発展させたものが「コリ」であり「圧痛点」。そのようなことも言えはすまいかと思う。


健康法 ブログランキングへ

コリには深さがある。押せば固さが感じられ、痛みや何かを感じとれる。圧痛点には感覚を重視する考え方がある。経絡上にあるツボと同じように、圧痛点を用い、コリという固さの解消と、痛みや異常感覚といった症状を緩和することを、同時にねらう。ひたすらに固さを追い、ひたすらに感覚を追えばよい。それで臨機応変に対応・対処するのも可能ということになる。

極めて具体的だから、現実に即して狂いが生じにくい。見ていてよくわかり、感じてよくわかる。だから迷いもない。目に見えない世界を具体的な固さと感覚とで示したもの。操体法はそういうやり方のように思われる。


i

操体法講座(グループ実習)のお知らせ
※3月の操体法講座(グループ実習)は、第二土曜(3月8日)、第三土曜日(3月15日)、第四土曜(3月22日)、第三水曜(3月19日)です。第五土曜、その他の日程についてはお問い合わせください。
※誰でも参加できます。(参加費二千円)

※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも受信可。
    携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯同士のみ受信可。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①グループ実習(参加費2000円)②ゆったりプライベート実習(二名2500円。三名~2000円)
③じっくり個別実習(3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)携帯・PC受信可。
    携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯からのみ受信可。
スポンサーサイト



この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/2002-6338dd5b

| メイン |