FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
胃腸病だから胃腸の調子がわるいのか
2014/02/02(Sun)
名は体をあらわすというが、病名というのは例えば胃腸の調子がわるいのを、胃腸病と分類しただけで、それ以上どうという意味もない。長期にわたり腕が挙がらない現象に五十肩という名をつけたのを、「そうか五十肩だから腕は挙がらないんだ」と理解、納得をしがちであるが、それは逆さまの理解である。

「そうか胃腸病だから胃腸の調子がおかしいんだ」ではなくて、胃腸の調子がおかしいのを「胃腸病」と呼んだというだけである。「わたしは肝臓病だから」「わたしはヘルニアだからこうなんだ」という納得、理解をするのは確かに便利そうだが、「病気だから、こうなっている」という解釈は、一人ひとりの体に生じている現状の把握をはばむ。事細かな病名はむしろないほうがよいかもしれない。


健康法 ブログランキングへ

「五十肩の対処法」とか、「腱鞘炎の対処法」とか、「この症状はこうすればよい」というとらえ方に最初から関心が持てない。目の前の、一人一人の体で、何が起きているのか自分の目でとらえられるようになったらと思う。「あそこらへん、おかしい」「ここが苦しそう」とわかっても、勝手な思い込みもある。眼力がどのていど通用するものか確かめたい。

その人には胴体の硬直があり、ロボットのような印象がして、腕を挙げようとすると、胸や腹のあたりでそれを許さない様子だった。操法で腹の硬直をとると、脇や胸ものびやかに応じて腕はすっくり挙がった。操体法で答えあわせして、改善がなければ見込み違いだ。半分くらい正しければ挙がらなかった腕も挙がってくれる。百点でなくても腕は挙がるようにできている。一発で挙がらなくても、まったく歯が立たないというでもない。見ればわかる。動きは誰の目にも明らかなのである。


i

操体法講座(グループ実習)のお知らせ
※2月の公開実習は、第二土曜(2月8日)と第四水曜(2月26日)が決定しています。
第三・第四土曜日(2月15日・22日)は未定。お問い合わせください。

※誰でも参加できます。(参加費二千円)
※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)PCからも受信可。
    携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯同士のみ受信可。

※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。
①グループ実習(参加費2000円)②ゆったりプライベート実習(二名2500円。三名~2000円)
③じっくり個別実習(3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)携帯・PC受信可。
    携帯メールfreeyourself.sotai★docomo.ne.jp(★は@に)携帯からのみ受信可。



スポンサーサイト



この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/1910-5fbc574d

| メイン |