fc2ブログ
2024 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2024 03
安住の地を求めて-科学というウソつき-
2013/12/28(Sat)
昨日まで「地球は平らだ」と言っていたはずが、今日は「じつは平らでなかった」と言う。科学とは仮設住宅が次々とつくられる現場。古い仮設が取り壊され、開発につぐ開発の現場なのだ。

私たちの日常では、いったん口にしたことを手のひら返して否定すれば「あいつはウソつきだ」と非難もされるが、科学はどこまで行っても仮説である。新聞、テレビでどんな賛美された「科学的新事実」も、もともと信じてはならず、しがみついてはならないもの。それが科学だから、科学者が科学を信仰せず、心の安住の地を宗教に求め、信仰生活を送っているというのはむしろ当たり前のことである。


健康法 ブログランキングへ

仮設住宅というのは永住がゆるされない。科学を住まいにしたいなら、「新しい仮設が建った」と聞けばすぐに家財道具をまとめて引っ越しをする。そういうジプシー生活を覚悟しなければ、科学は科学でなくなる。
科学者だって人間だ。ほとんどの人間は、仮設住宅に安住できない。農耕民族は定住が基本だから、どこにだって平気で腰をすえてしまう。「わたしはもうここらあたりでけっこうです」と言い、すぐにでも根を生やそうとする。

「科学の時代」にあって、科学盲信がはびこっている。どこかで小耳にはさんだこと、自分の琴線にふれた情報を、「科学的だわ」と思えば、「科学的事実」というラベルを貼って頭にためこんでゆく。そうやって場当たり的な知識の断片がいっぱい詰まった、足の踏み場もないゴミ屋敷に住んでいる。ゴミは増えるが安心はいつまでたっても得られない。安住の地はいかなる「情報」、いかなる「科学」にもないからだ。

ためこんだものを捨て、すっきりした空間をつくる。絶対安心の第一歩と思われる。


i

操体法講座(グループ実習)のお知らせ
1月の操体法講座(グループ実習)は第二土曜(1月11日)・第三土曜(1月18日)・第四水曜(1月22日)・第四土曜(1月28日)が決定です。(1月23日は未定。お問い合わせください)

※誰でも参加できます。(参加費二千円)
※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)

※年末年始お休み期間12月29日~1月3日まで。12月28日までは平常通りです。


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①グループ実習(参加費2000円)②ゆったりプライベート実習(二名2500円。三名~2000円)
③じっくり個別実習(3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
スポンサーサイト



この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/1835-2d3350e0

| メイン |