fc2ブログ
2024 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2024 03
わかっちゃいるが迷いの道へ入りたい-頑迷という病-
2013/12/26(Thu)
自己主張が強いのもよしあしで、疾患をかかえていながら高をくくっているふしがある。「自分の症例はとくべつだから、何をやっても治らなくて当然」という頑迷が、自分の心の奥底に巣くっている。

治ってないのが論より証拠で、自分のやり方(息も食も動も想も)すべておかしいのである。私はそれを教えてくれた操体法に感謝する。しかし自分の側がすなおに折れて、「参りました。なんでもおっしゃるとおりに致します」とだけは死んでもならないだろうと思う。


健康法 ブログランキングへ

慢性病は「治らない」のではなくて、「本人がかたくなに治さない」という話をどこかで耳にしたことがある。はたから見れば病人とは「病気にしがみついている人」のようにしか見えないものだ。渾身の力でしがみつきながら、「痛い苦しい」と嘆く。誰が何と言おうとも、ぜったいに自分のほうがわかってる。全身全霊こめてそう信じているのである。しかししがみつけばしがみつくほど、痛み苦しみは強い。ゆるめれば少しはラクになるよと何度語りかけられても、「うふふ。それだけはできませんよ」と冷笑するゆとりは、ある。

多かれ少なかれ、好きでやってるわけでもないのに必ず迷いの方角のほうを、苦しみ多き道のほうを、とりたくなる。仏教の本に親しんでくると、自分自身の、おろかで、みっともない、ぶざまな姿が、隠しようもないほどあらわになる心地がし、かえって痛快な感じさえする。

道をどんどんはずしていくのを、見守ってもらっている。何年かおきにバッサリやられる。うつらうつら居眠りし、妙な流れにぼんやり漂っていくのを、背後からばしっと撲られ、ハッとする。そういうことで何とかやってきたが、頑迷という病ほど厄介でしつこいものは、ない。


i

操体法講座(グループ実習)のお知らせ
1月の操体法講座(グループ実習)は第二土曜(1月11日)・第三土曜(1月18日)・第四水曜(1月22日)・第四土曜(1月28日)が決定です。(1月23日は未定。お問い合わせください)

※誰でも参加できます。(参加費二千円)
※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)

※年末年始お休み期間12月29日~1月3日まで。12月28日までは平常通りです。


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①グループ実習(参加費2000円)②ゆったりプライベート実習(二名2500円。三名~2000円)
③じっくり個別実習(3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/1827-59bc5aff

| メイン |