fc2ブログ
2024/03 ≪  2024/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2024/05
いたわるのもほどほど-安静という落とし穴-
2013/10/11(Fri)
事故にやられた体をいたわって、足をいたわって、山歩きをやめていたが、とくに不具合が解消されることもなく二年ばかりが経った。そんなとき「休んでも休まなくても同じくらいなら、休むな」と言われた。休まずに対処するほうが見込みがあるという。

休むことで効果があって、元の生活に戻れそうというのならメリットもあるが、安静にしてその効果が見込めないのなら、体を休めた分がマイナスとなり、全身機能も低下、筋肉も落ちる。だから動ける範囲で動くほうがよい。


健康法 ブログランキングへ

骨折もギプスで固めると回復が遅れる。固定して動かさない分、骨折部位は固まって、全身のパフォーマンスも低下する。いったん固まったり落ちたりした筋肉を復活させるため、つらくて長いリハビリが待っている。下手すると、安静で失われた機能がもとに戻らない。無理せぬ程度で動かしたほうが失うものが少ない。そんなケースも少なくないのではないか。

こんな話は実践重視のアスリートたちに聞くほうがいい。「体を休ませないほうが結果としてはいい」という話をうかがってすぐに、山に出かけた。歩けないなら、キャンプサイトでテント泊でも、と思ったのだ。はたして効果あった。山を離れたデメリットのほうが大きかった。惜しいことをしたと、つくづく思うことがある。


i

秋の操体法講座のお知らせ
①10月6日14時30分~(野間会場)
②10月12日15時~研究会(天神会場)
③10月16日・19日・23日・24日14時30分~(野間会場)

※誰でも参加できます。(参加費二千円)
※お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/1662-2576e724

| メイン |