FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
違いのわかる体づくり-操体法の基礎の入口-
2013/09/17(Tue)
動きを選択する。動きの診断をする。右に体を倒すほうがよいか、左に倒すがよいか。はたまた前屈か、後ろに反るか。伸ばす?曲げる?ねじる?
自分自身で選ぶ。それが操体法。

「ずっと、いちいち動きの診断をして生きていくのか? 何と不便な!」と二十年前の私は心の中で思った。もちろんそういうことではなかった。1日5分程度のトレーニングから、体は「よい動き」を学んでいく。だんだん嗅ぎわけることが上手になって、世話のいらない体になってゆく。
たったそれだけのことなのだった。


健康法 ブログランキングへ

しかし最初はわからない。まるで体験のないことだから、わからないのも当たり前だ。「毎日やらないとダメですか」とひきつった顔の初心者に出会うごとに、昔の自分のことを思う。
義理や義務でイヤイヤやるのではなくて、気づいたら毎日やるようになっていたというのが、ほんとうのところだ。私たちは自由だし、私たちの行動をいったい誰が、どう強制できるというのだろう? 

「毎日なんかやれません!わたしはイヤです!」と叫ぶ気持ちが自分にはあった。それは誰に向かって投げかけられた言葉だったのだろう?
「あれはダメ」「こうしないとダメ」と、いつも何かに追い立てられている。いろんなことに縛られて日常を送っている。「1日5分」などと聞くだけで、「もうこれ以上はかんべんして!」ということも自分にはあったのかもな、と思う。

幸いなことに、「好きに自由にやる」というのが操体法のモットーだ。
「好きに自由にやった結果は、自分で引き受けるしかないのだから、やってもやらないでも、いいんですよ。やるか、やらないかは、テメエの勝手なんだ」橋本敬三医師の口から、そして師匠の口から、何度繰り返された言葉だろうと、思う。

自己責任。そんな当たり前のことが、モットーになってしまう。それはなぜだろう。
そこにカギがあるように思われてならない。


i

9月の講座
①9月14日15時から(天神会場)
②9月18日14時半~中級コース(野間会場)
③9月21日・26日・28日14時半~自由参加の講習会(野間会場)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
スポンサーサイト



この記事のURL | 操体法のコンセプト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/1614-664082d5

| メイン |