FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
生きているから変わるんだ
2013/09/02(Mon)
死体を揺すろうと叩こうと、どんな施術をしても、骨格のゆがみは是正されない。ガンなどの病変部も、それ以上に大きくもならなければ小さくもならない。良かれ悪しかれ変化のもとには、「生きている」ということが、ある。

「生きているから変わるんだ」ということが、スッカリ忘れ去られている。生きている体を死体のように考えると、「切除」しかないのである。
「病変部は改善しない。むしろ悪化する一方だ。だから切って捨てましょう」ということで、切除。体の切り捨てである。
しかし病変部も生きている。生きているからには生命のはたらきがある。


健康法 ブログランキングへ

「生命力とけんかしない治療法はないものだろうか?」「生命のはたらきを通じて、病変部によい変化をもたらすやり方は、ないものだろうか?」というような発想は、残念ながら今の病院にはない。だから「患者さんは死んじゃったけど、治療は首尾よく成功したんだよね」などという倒錯した考えさえ、めずらしくもなかったりする。

「自分のお手柄にしたい」という気持ちはとかく抑えがたい。自分らががんばったから、自分らの腕がよいから、自分らの判断がよかったから。自分らの高度な技術、そして高度な設備があったから、治った、もしくは治る。無論そういうこともあるだろうとは思うが、その前に確認しておきたいのは、「生きているから治る」ということだ。

すべては自然の手柄だ。生命力のお手柄だ。
そのことだけは、押さえておきたい。
そしてそのことにいつでも感謝を忘れないようにしたい。


i

9月の講座
①9月14日15時から(天神会場)
②9月18日14時半~中級コース(野間会場)
③9月21日・26日・28日14時半~自由参加の講習会(野間会場)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)

スポンサーサイト



この記事のURL | 自然法則 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/1591-aadd0015

| メイン |