試合は終わっていない。マウンドを降りるな。
2013/08/16(Fri)
昔は勝っているチームを応援すると気分がよかった。勝ってさえいれば内容はどうでもいい。途中から結果がわかってくると、見る気も失せた。
最近は、最後まで見ている。どんな試合でも、負けているチームの選手たちから目が離せなくなってしまう。

よほど一方的な試合でない限り、勝者も敗者も、途中では勝ったり負けたりする。ひいきのチームも選手もいないので、忙しい観戦だ。「さっきまであんなに順調だったのが、この今の姿はどうだろう」などと思いながら、じっと見ている。


健康法 ブログランキングへ

結局、さいごまでわからない。強い相手に負かされるということも、もちろんあるが、自ら墓穴を掘ることも多い。実績も実力もある相手にやられているときは、相手のミスや不調を待つというやり方もある。
「実績も実力もある相手とやりあっているとき、あなたは何を考えているか」と、あるプロ選手に尋ねてみたら、「負けることはなかろうという気持ちは、いつだってあるんだ」という返事だった。

勝者の数は一握りに限られ、敗者は数知れない。公的に表彰され、記録に残るのは勝者だけ。しかし、見る側の心の中で表彰され、記録に刻まれるのに勝者も敗者もなかろう。
勝利の記録とともに、数限りない敗北の記録もまた、心に刻まれる。そこから聞こえてくるのは「敗北を、恐れるな。失敗を恐れるな」という声である。どちらの側も、試合をやりきった。「試合が終わるまでは決してマウンドを降りるな」ということは大切にしたい。

i

夏季集中講座のお知らせ
①7月…ご参加ありがとうございました!
②8月日程(中間報告)18日・22日・28日・31日の開講が決定しました。希望者を受け付け中です(18日は定員に達しました)。25日はまだ開講人数に達していませんが、20日まで連絡を受け付けています。
※会場:いずれも福岡市野間(野間四ツ角交差点徒歩1分)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)
スポンサーサイト
この記事のURL | 生きるということ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<うらみっこなしでゆこう-「自分で決める」が最強の選択- | メイン | 細胞の入れ替わり算をものにする>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/1565-fdfd8aea

| メイン |