80歳の母にいたわられ、テーピングしてもらう-癒動操体法で復活-
2013/08/06(Tue)
「いつもの母」に復活を果たした母。「もう80なんだから」という、通りいっぺんのことで承知する母ではなかったのである。「あの癒動が出るようになって大きく変わった」などと会話をこなしながら、掃除だの台所仕事だの、少しもじっとしていない。「80歳の老婦人とはとても思えない」と驚嘆につつまれる私。

一時期は、会話のやりとりが「とろい」感じになっていた。日によって気難しく、黙りこくってしまう。「あの頃はねえ、足が妙に重くなって、ここの階段の昇り降りも、もうできなくなるかと思った」という。そういえば「毎日眠くて眠くてたまらない」と言っていたのを思い出す。つけっぱなしのテレビの前で正体もなく眠りこけ、「もう80歳の老婦人だからな」と思うような状態だったのである。


健康法 ブログランキングへ

そして昨日の母は、ものの見事に「もとのいつもの母」そのものだった。
「あの癒動が出せるようになって足が軽くなった。階段の昇り降りも途中で休むこともない」
居住するビルの一階から五階までの階段の昇り降りを、途中で休むことなく毎日平気でやっているというのである。「それに、あの妙に眠いのも、ウソのようになくなった」とけろりとしている。

「あんた、ちょっとテーピングしてやろう。このまえ先生に習ったのをしたら、もっと軽くなったよ」と脚をまくって見せてくれる。80歳の母にいたわられ、テーピングされた脚は、確かに具合がよいようだ。


i

夏季集中講座のお知らせ
①7月…ご参加ありがとうございました!
②8月日程(中間報告)18日・22日の開講が決定しました。希望者を受け付け中です。25日はまだ開講人数に達していませんが、20日まで連絡を受け付けています。
※会場:いずれも福岡市野間(野間四ツ角交差点徒歩1分)


※操体法の実習を見学・参加する⇒①②③から選べます。

①みんなで講習会(参加費2000円)
②家族や友人とゆったりプライベート実習(2500円。三名~2000円)
③一人でじっくり個別実習(一回3000円)

 ②と③は日程・時間帯を希望にあわせます。
 
※見学・体験受付中。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)で「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

 お問い合わせ電話080(1720)1097(山下)
    またはメールfukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp(☆⇒@に)


スポンサーサイト
この記事のURL | 生きるということ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クセがついたら倍の手間と時間がかかる-きちんとした指導のもとで、きちんとやる- | メイン | 切って捨てて、新たな展開を芽吹かせる>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/1545-cd131805

| メイン |