FC2ブログ
2019 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2019 12
ボールをどこに向かってシュートするか
2012/11/17(Sat)
ボールを蹴るのに熱心なあまり、シュートしたら自分の陣地のゴールだったのでは笑えない話だ。家族のためみんなのために頑張っているつもりが、仕事のストレスで荒れて周囲に迷惑をかけるという場合などは、どこにシュートしているのかわからない話だ。
世のため人のためだったはずの行動や活動が、かえって自分自身の利益の追求に向かったり、人を傷つけたり不快にさせたりするような方向にはずれていくことはめずらしくもない。
何をどうすることが、じっさいに、どういうことをもたらしているのか。冷静な目で見て判断することは、それほどカンタンではない。カンタンではないけれども、それをやらない限り、ボールをどこに蹴り飛ばしているのか、自分でもわからなくなってしまう。

操体法の技術の差は、動診と再動診で大きく出る。
体を見る。動いてもらう。動きの感覚を感じてもらう。それが動きの診察、動診である。
動診の結果、どんな動きをどのくらいの力加減でやるのかを判断し、実行してもらう。
実行してもらったあとに、もう一度体を見る。もう一度動いてもらう。動きに伴う感覚を、もう一度確認してもらう。それが再動診である。
再動診で、どんな結果が得られたかを総合的に判断する。実行する前と後とでは、どこがどう変化したのか。その変化は、いい変化なのか、よくない変化なのか。変化は何を語りかけているのか。
その判断しだいで次の操法が決まる。
次の動きを動診する。実行してもらったら、再動診する。
その繰り返しである。
「生き物はまっすぐに進むのではなく、らせん状に進んでいく」とぐるぐると手を回しながら話してくれたときの師匠の姿を思う。

動診を繰り返しながら直線的にではなく、らせんを描くようにして、調整が進む。動診と再動診を見る目と判断もまた重要なカギを握る技術である。再動診を通じたフィードバックを、面倒と感じるか、おもしろいと感じるか。そこが一つの勝負である。
スポンサーサイト



この記事のURL | 万病を治せる妙療法 操体法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<人間のつくった規定やルールが通じない現場でみんな生きている | メイン | 水をかけながら火を焚くにはどうすればよいか>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://soutai007.blog32.fc2.com/tb.php/1222-948ab1b4

| メイン |