fc2ブログ
2024/03 ≪  2024/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2024/05
好きな物を好きなだけ食べて何がわるいの?・・栄養って管理できない
2024/04/17(Wed)
皆さまこんにちは! こころとからだな日々です。
本日もよろしくお願いします。

食べることに多少なりとも罪悪感を持ってました。
子供の頃からず~っとです。
「アレルギーで苦しむのは、むさぼりが原因だよ」
「因果応報だよ」と、言われて育ちました。
とくに甘いものはダメ。とくに肉はダメ。
スーパーマーケットの棚に並んでいるものはほとんどダメ。
あれもダメ、これもダメとの制限あり、しかも「少食で、よく噛みなさい」。
そうすれば病気はぜんぶ治りますってことですね。

できませんでした。
あきらめつけることもできなくて、開き直ることもできなくて、
一人で取り組んでましたが、成功したと思ったら、がたがたとくずれる。
くずれ果てたところから立ち直り、やっと成功したと思ったら、
ふたたびがたがたとくずれる。
まるで修行。まるで苦行。しかもたった一人で・・
ほめてもらえるわけでもなく、叱られるわけでもなく、アドバイスもない。
自分で自分をほめたり、自分で自分を叱ったり、
振り返ってみたら、とんでもないことしてました。

食べることそのものが、イヤになりました。
食べることが、恐くなりました。
食べることは苦手でした。
食べることは罪悪で、いつも自分の前に立ちはだかっている高い高い壁。
拒食と、過食を繰り返してたと思う。
本人は心身健全を目指してるつもりだから、完全に狂ってます。

長く生きてみるものですね・・
私は60歳を過ぎて初めて、人は自由に食べていいということが、
少しずつわかって参りました。
罪悪感などまったく必要なかった。
体のバランスが整っているならば、体はまちがったことをしない。
体に好きに食べさせてあげればいい。
体にほんとに必要なものを、体は知っている。
いつ、何を、どのくらい食べればよいのか、体はちゃんと知っている。
カロリー計算なんか、まったく関係ない。
いったい、いつの時代に、
私たちの祖先はカロリー計算に合わせて食事してたでしょうか?
カロリー計算や栄養分析表とにらめっこしながら食事する現代人と、
現代栄養学をまったく知らない祖先たちと、
どちらのほうが、より心身健全だったでしょうか?
生活環境の厳しさ、生活条件の厳しさは、現代人とは比べものにならない。
祖先たちのほうが、よほど丈夫な体だったんですね。

「今の食品は、品種改良や加工をやりすぎて、
失われる栄養素が多いわけだよ」
「食べても食べても不足する栄養素があるわけだ」
「長寿郷・・健康寿命の長い地域は日本じゃない。
百歳越えても軽い山仕事をして、
健診もなく、老人病院もなく、高齢者福祉もなく、寝たきりもなく、
そんな実績の高い地域の食事を見習えばいいんじゃないの」

指導のおかげで、いまは楽しくやってます。
指導のちがいって大きいな・・身をもって感じています。
ほぼ一生かかってしまいましたが、後悔はありません。
「終わりよければすべてよし」です(^-^)

本日もお読みくださり、ありがとうございました!




FC2トラックバックテーマ 第2304回「食べ過ぎ注意なものは?」




スポンサーサイト



この記事のURL | 食生活の基本的発想 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
どうして小学校は全教科同じ先生なの?
2024/04/16(Tue)
皆さまこんにちは! こころとからだな日々です。
本日もよろしくお願いします。

小学2年3年4年と、なぜかクラス替えがなく、担任の教師もそのままだった。
小学生は全教科を担任一人が教えるから、
朝から晩までも同じ顔ぶれで、同じ人の話を聞くのもつらくなり、
もう学校に通わなくなった。

5年生になってやっとクラス替えがあった。
新鮮でしたけど、がんばっても週に2回出席すればいいほうで、
中学もそのままのペースで、最終学年はほとんど欠席した。
高校には進学せず、社会に出て働きましたが、
その後、大検で大学に進学しました。
大学は出席が厳しかった。
必須科目の授業を2度無断欠席すると、留年で卒業できなくなる。
大学から歩いて3分のところに下宿して、無遅刻無欠席でした(^-^)

本日もお読みくださり、ありがとうございました!



FC2トラックバックテーマ 第2310回「新学期のクラス替え」





この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
疲れてるんだよ。ゆっくり休んだほうがいい・・
2024/04/12(Fri)
皆さまこんにちは! こころとからだな日々です。
本日もよろしくお願いします。

病気しても学校休めない、会社も休めない・・
「休養は、死んだ後にすればいい」って意見の方もおられる。
病気のときにゆっくり休養するって、ぜいたくすぎる?

風邪ひくよゆうのある方は、どんどん風邪をひいたほうが、
健康によいという話があります。
『風邪の効用』という本が代表的ですが、
風邪をひいておくと大病しないという。
病気はこまめにしましょうと。
病気をむやみやたらに止めるのは、健康に損害がある・・?

「熱も、セキも、のどの腫れも。
体に必要だからやってること」だっていう。
薬で熱をごまかして、セキも勝手に止めて、炎症もおさえてしまうと、
これ病院の医者が話してることですが、
症状がだらだら続いたり、しだいに体が元気を失ったり、
治りがわるい体になる・・長い目で見ると、よくないって言います。

病気するって、疲れてるときもあるし、
ごまかさないで、ちゃんと病気して、
ちゃんと体を優先して、休養もとって、
病気のときくらい、ゆっくりしたいものですね。

本日もお読みくださり、ありがとうございました!


FC2トラックバックテーマ 第2309回「風邪の引きはじめの対応」



この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
事故をきっかけに、睡眠を犠牲にしてまで働くような生活をやめました
2024/04/05(Fri)
皆さまこんにちは! こころとからだな日々です。
本日もよろしくお願いします。

夜10時から深夜2時までの四時間は、
眠かろうと眠くなかろうと、寝床で安静にすることを基本にします。
あとの時間帯は、眠ければ寝る、眠くなければ起きています。

睡眠に執着ありません。
眠らないなら眠らないで不満も不足も感じない。
子供の頃からそうだったし、それで困ったことはありません。
睡眠導入剤とか、睡眠剤などが、とても売れてるらしいのですが、
そこまで睡眠を強制する必要あるのか、私にはわかりません。
薬が習慣化したり、睡眠への強迫感が出来たりして、
悩みが複雑になるよりは、
眠たい時に寝て、眠たくないなら寝ないというほうが、
シンプルですね。

お仕事で、眠たい時に寝られないとか、
眠たくない時に睡眠を確保しなければならないとか、
子育て中だとかで、
睡眠時間を安定して確保することができない事情のある方は、
ほんとにたいへんだと思います・・・
自分もそんな時期があり、時間さえあれば寝てました。
自分の使える時間は食事と睡眠だけでしたが、
事故にあって心身ともに動けなくなったことをきっかけに、
そんな働きかた・生き方に、見切りをつけることができました。


本日もお読みくださり、ありがとうございました!



FC2トラックバックテーマ 第2308回「夜中に目が覚めてしまった時」



この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |