FC2ブログ
業者にたのむのも限界あるよ(^o^)所有者の責任ということ
- 2021/01/15(Fri) -
バ~ッと水圧かけて洗車するの、見てておかしいと感じてた。
車は世界中を走ってるが、あの水圧洗浄は世界の常識なのかな。
水圧かけすぎて「洗車ハゲ」の車もあるって話も聞いたよ。
洗車の動画はずいぶん人気があるので、
気になってるひと多いんじゃないかと思ったりする。

最終的に、「ああこれなら」ってやり方で洗車してるひとびとを見つけた。
バケツ2,3杯ていどの水で何ら問題ありませんという投稿記事もある。
何より毒性のある洗剤を使わずに済むやり方。
さまざまな洗車のやり方があるけれど共通項はある。
それさえ守ればとくに車の塗装だけ特別ってことでもない。
ディーラー車検から戻った車はおおまかにきれいだけれど、
細かな点については自分で取り組んでくださいってこと。
次の車検では、車のボディに研磨機かけるのは希望しないと伝えよう。

車も体も同じなんだな。
業者さんに頼めるのはここまでだっていう限界がある。
命をあずかる病院だけは別だよってことでもないんです。
スポンサーサイト



この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
車のお肌年齢が気になる(^o^)「小さなものから大きなものまで!なにか才能はありますか?」
- 2021/01/14(Thu) -
正しい洗車について考えています。
考え始めると、答えが出るまで調べ続けるのは、
才能とまではいかないけれど自分の強みですね。
私の車も満12歳、お肌年齢が気になってくるわけです。
じつは5年くらいで衰えが目立ち、ディーラーさんに訊いたんだけど、
「植物のヤニですよ」って。
ヤ二なんかじゃなかったってことが10年越えあたりで明らかに。
車検のたび研磨してるらしく、さすがに気になる。
それで車の正しいお肌の手入れを自分で調べまくった。

「キズのつかない洗車機」って、よく見かけるので、
こまめに洗車機すればいいのかなって思いかけてたんだけど、
業界に詳しいひとの話では、「キズ」という言葉を使わないだけだって。
キズのつかない洗車機、じっさいにはできないそうですが、
「それはキズではなくブラシ痕です」って言われる。
じゃあその「ブラシ痕」って何なのかというと、
目に見えないくらいの、こまかいキズのことだそうです。
「キズ、つきましたよね~」って言うと、「いいえ、それはブラシ痕です」
洗車業界でメシ食っていきたかったら、ブラシ痕って言い続けることですね。

キズのつかない洗車機はあるが、ブラシ痕のつかない洗車機はない。
車の表面についた、こすれたあとのようなキズは、
キズではなく、ブラシ痕だったのです。勉強になりました(^o^)
キズもつかず、ブラシ痕もつけず、しかも環境にやさしい洗車法を、
私は調べ続けました。

正しい洗車についての考察、次回も続きます。



こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の若槻です今日のテーマは「小さなものから大きなものまで!なにか才能はありますか?」です若槻が自分で思う才能といえば「寝れば忘れること」です嫌な事があっても、翌朝起きたときにはその感情はもうありませんもちろん覚えてはいるので、ケンカした相手の出方を見てまだ怒っているフリをしたりしますがいつまでも引きずってしまう友人の話を聞いて忘れることも一種の才能のうち...
第2140回「小さなものから大きなものまで!なにか才能はありますか?」

この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オフロードといってもね(^o^)人間のすばらしい機動力
- 2021/01/09(Sat) -
自分の車がジムニーだからジムニーについて調べることがある。
中古でも価格は高い。
20年くらい前のものでも、ちゃんとしたお値段。
部品交換しながら乗り継がれているんですね。
部品交換により外見だけでなく性能までが追求されている。
エンジン丸ごと「移植」ということもあるらしく、
元の部品は車体のみ、くらいまで新しいものに入れ換えしちゃう。
人間の体も部品交換できるならカンタンな話なんですが。

オフロード・耐久性を追求するジャンルもあり、
大きな水たまりに突っ込んでいったり、
未舗装の坂道を泥まみれで上がったり下ったり、
岩でごつごつしたところを走行するなど、
車のオリンピック競技みたいなことまで行われている。
車もここまでできるんだと感心する一方で、
車の限界というものも考えさせられます。
最近では雪の高速道路で動かなくなった車で大渋滞が発生。
数日間その場でサバイバルを強いられたひとびともいました。
中には車を離れ、高速道路をどうにかこうにか自力で脱出し、
トイレを求め、食糧を買い求めたひとびともいたそうです。
そのようなニュースを知るたびに、
「人間の機動力はすごいな」と感じます。
ひとは飢餓に耐え、壁をよじのぼり、道なき道をゆく。
オフロード車といっても人間の側の運転技術が必要で、
自分などがジムニー持ってても乗りこなせませんね。
軽自動車の割にタイヤが大きくて安心感もあるのですが、
次はもうないかなと感じているところです。




この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本年もよろしくお願いします(^o^)外で体を動かそう第2138回「今年一番心に残ったいい出来事は?」
- 2021/01/05(Tue) -

山は雪に閉ざされていました。
上に行けば行くほど雪が深くなる。
いや驚きました。
新年といえど街は寒さがゆるんでいたから軽アイゼンも持たない。
雪に残された足跡もぜんぶノ-アイゼン。
九州らしい光景(^o^)
行けるところまで行って、ダメなら引き返そうと思う。

街は雪が降ってもすぐ融けて、寒さも数日ごとにゆるんだり。
でも山はちがう。
数年の暖冬続きで、すっかり忘れてたけど、
雪が積もって通いなれた山道もわかりにくい。
前のひとの足跡をたどりながら、
「まえのひとがまちがってたら自分もアウト」と思ったりして。

この山は毎週のように通った時期もあったけど、
十年以上のブランクがあるので何度か迷いそうになる。
金山(かなやま)という背振山系の、1000m未満の山ですが、
訪れるひとは少なく、実に静かな山です。
渓流に沿って歩くので、渡渉を繰り返します。
岩づたいに歩くなんて得意だったのに、今の自分はどうでしょう。
濡れた岩が滑りそうで足が前に出ない。

若いころ何気なく飛び越していたものが、
年をとると、何気なくでは飛び越せず、一歩ごとに考える。
やっとのことで私はさいごの急登の前に立ちました。
これを登ったら頂上だということは知っている。
でもどうだろ。頂上に行くかな自分。
あのころは何も考えずに突き進むだけだった。
頂上を踏まなければ「敗退」、負け以外の何ものでもなかった。
でも私は今日、雪の山道をじゅうぶん満喫し、満足してる。
ここで引き返せば足はたぶん悪化せず、
気分よく明日を迎えることもできるだろう。

「ここで帰ります。また来ます」
頂上に向かって一礼し、元来た道を引き返しました。




こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の若槻です今日のテーマは「今年一番心に残ったいい出来事は?」です年末のこの時期、テレビをつけるとだいたい「大変な年だったね」といった締めくくりになってしまうことが多い気がしますが、今年は自粛や規制で特にそういった傾向が強かったかと思いますそんななかでもみなさんの心に残るいい出来事はありましたか?若槻の場合は家に引きこもっている分、必然的に家族とのコミュ...
第2138回「今年一番心に残ったいい出来事は?」

この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |