FC2ブログ
黒砂糖ってそんなに食べてもいいらしい(^o^)「肌身離さず持っているもの」
- 2020/09/19(Sat) -
6月に「黒砂糖がいい」って聞いた。
沖縄の、サトウキビだけで作った正真正銘の黒糖に、
今年の夏は取り組んだ。
マクロビでは甘いもの禁止だから何十年も甘いもの口にしてない。
それが解禁。「黒砂糖なら食べてよし(^o^)」
そろそろ三か月で、消費量を計算したら、3・9キロ。
1日当り43グラム。
「日に40グラムはOK」と指導されたので、まずまずの数字。

それで何が変わったかって、気づかないうちに痩せてた。
54キロが50になり、服ぜんぶガバガバ。
それからドイツビールをやめることができた。
製造に砂糖が使われてるからビールはやめたかったんですね。
せんべい・あられなど菓子の消費も完全にストップ。
日に少しは摂取しないと落ち着かなかったのが、
気づけば完全に止まってる。

もはや黒糖一本。
アルコールも黒糖焼酎と黒糖梅酒で、おつまみも黒糖。
ぜんざいや煮豆、煮つけも黒糖でしっかり味つけしてる。
最近では雪塩とブレンドした個別包装の、
キャラメル感覚の黒糖があり、どこに行くにも持っていきます。






こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の葉月です今日のテーマは「肌身離さず持っているもの」です外出時に必ず持ち歩いているものはありますか?私の場合はリップクリームです学生の時からなんとなくリップクリームがないと落ち着かず、ずっと持ち歩いています職場のロッカーに一応スペアのリップクリームを置いているくらいです万が一、身の回りにないときはコンビニなどでついつい買っちゃいますあなたが肌身離さず...
FC2 トラックバックテーマ:「肌身離さず持っているもの」


スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
柴漬けもカンタンにできるよ(^o^)ナス・きゅうり・ショウガで乳酸発酵
- 2020/09/17(Thu) -
塩水に野菜を漬けとけば、乳酸発酵の漬物ができる。
これからの季節はナスの漬物つくりたいと思って調べてた。
柴漬けは赤しそとか青しそが必要だけど、
ウメボシのシソも使えるよ(^o^)ってレシピあり、
やってみたら手軽においしくできました。
ミョウガも入れるらしいけど、ないので省略。
ナス、きゅうり、ショウガを適宜の大きさに切って、
シソと混ぜ合わせ、ちょうどいい塩加減の塩水に漬けます。
水を入れてフタをしたビンを重石にしてみました。
重石をすると、こりこりした食感になりますね。

数日、室温で様子を見ます。
腐敗が恐いなら一日だけ室温にして、あとは冷蔵庫に入れておく。
時間かかるけどちゃんと乳酸発酵します。
日がたつうちに味が薄くなるので、味見しながら塩を足します。
泡がぷくぷくっと下のほうから上がってくるようになったら、
冷蔵し、発酵の様子をみながら食べていく。

少量から作れますので、お試しください。
自分で作った漬物がいちばん安全で美味しいですよ(^o^)

この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヘンプ(麻の布)ふんどしいただいた「プレゼントで貰った少し変わったものを教えてください」
- 2020/09/09(Wed) -
ヘンプ製品に関心あったけど利用したことなかった。
自然素材の製品と、石油由来の合成素材の製品と、
比較して考える習慣もなかった。
シンギングボウルや音叉療法などに興味を持ったとき、
自然素材と石油由来の合成素材の違いを本で知りました。
クツ底も、ほんものの皮がいいらしい。

何がちがうかというと電気ですね。
静電気。
「どうでもいいやん、でんきやら」と思ったけど、
どうでもいいどころじゃないらしい。
生きものは電気信号で生命活動してる。
神経の伝達は電気によるものなんですね。
自然素材は静電気が発生せず、
生命活動を邪魔することがない。
合成素材は静電気をばんばん出すらしく、
靴底なんかも歩くたび静電気だそうで。
身にまとってる合成繊維、揺れるたび、動くたびに、
静電気ばりばりで、生命活動をそれなりに乱すという。

小さいこと言っててもしょうがないと思っていたけれど、
何が小さくて何が大きいか、そうカンタンにわからないかもしれません。






こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の一ノ瀬です今日のテーマは「プレゼントで貰った少し変わったものを教えてください」です小学生くらいの頃に通っていた近所の英会話スクールで毎年クリスマス会やハロウィンパーティーが行われていたときのことなのですが、プレゼント交換のとき、輪になって座り、音楽に合わせて横に渡していき、自分のところにきたプレゼントを開けてみると…そこには大きなニンジンとナスと玉ねぎ...
第2122回「プレゼントで貰った少し変わったものを教えてください」

この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
そういや介護の生活がつづいてる(-_-)「去年の今頃は何をしていましたか?」
- 2020/09/05(Sat) -
一夏を越え、一冬を越え、二夏目、二冬目を越えて、
この夏は三つ目の夏でしたが、どうやらここで終わりを迎えそうです。
世界の騒ぎをよそに、分刻みでバタバタしてた二年間。
炊事に掃除にお料理に、そして施術を請われれば施術して、
それだけで日常がうまってしまいそうな二年間だった。
介護といってもネコさんですね。
年齢は15歳とか16歳あたりで、老衰といえます。
三年前の夏に体調をくずし、残暑がひどくなかったためか、
夏を越えたのです。
それじゃ冬にお亡くなりになるかと思ったら、
その冬は比較的、過ごしやすかった。
次の梅雨がきて、また夏がきたって思ってたけど、
猛暑といわれた割に、9月にすかっと涼しくなった。
そしてその年の冬ですね、ものすごい暖冬でした。
九重連山の登山口までコミュニティバスを走らせる運転士さんも、
道路に雪が積もる日がなくて、仕事がやりやすかったと、
話しておられたくらい。
そして迎えた三つ目の夏でした。
自分もいろいろ工夫したり、がんばったんですが、
がんばったぶんだけ、まちがいがひどくて、かえって苦しめたと思う。
私のような人間に室内飼いされる運命、
そこはあきらめてくれないと、ってネコさんには謝ってます。
善意の親切が、かえって地獄への道につながるっていうのは、
ほんとよくわかるんですね。
外で生活するネコたちは、自分の判断で場所を移動し、
自由に行動して自分を守ることができるけど、
室内に閉じ込められたネコたちは、自己判断に基づいた行動ができない。
ひとの世話を受けるほかに選択肢がないとは、
じつに哀れでかわいそうな身の上と思います。

あと少しでネコさんは、わたしから解放されます。
お疲れさま。そしてごめんなさい。
私も、もう少し自由になったら旅をします。
ここ数年、ずっと思い描いていたことです。
介護してるほうが倒れそうな感じもしてた。
そういうことだって、あるでしょうけど、
今回は介護されてたネコさんが先に逝って、
介護してた自分が、この世にしばらくまだ残るって筋書きですね。
ありがとうございました。




第2121回「去年の今頃は何をしていましたか?」

この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |