FC2ブログ
体調わるいって言えない(-_-)逃げ腰のひとびと
- 2020/07/27(Mon) -
「体調わるいんで帰ります」って便利なフレーズだったの。
身を案じてくださった方には、ほんとに申し訳ないと思うのですが、
小学校でも、中学でも、職場でも、安易に使ってたフレーズで、
常に慢性疲労っぽいのでウソのつもりはありませんでした。
「あんた疲れてない?」って昨日は声をかけられました。
自分は非常にうろたえてしまい、
「いえいえべつに、いつもこんなもんですよ(^o^)」と即答したが、
「あんたいっつも元気やろうが。
今日はちょっと目がくぼんどる感じやね」ってのぞきこまれ、
負けじと言い返してしまった。
「自分も老化で顔つきくらい変わりますよ。
こんなもんです(^o^)」って、あくまで押しとおす!

ホントは二日ほど、右目の奥が頭痛とセットでズキズキしてた。
気分もわるいさね。
老ネコの体調が不安定で、夜中でも明け方でも、
「にゃあん」ってか細い声で枕元に訴えにくる。
知らんふりして寝てると、
左前足を私のひたいの真ん中に、ぴたっと置く。
それもガマンしてると、穴を掘る要領で、ひたいをがりがりする。
寝床から起きて、水が減ってないか、
室温が暑すぎないか寒すぎないか、耳に触れて体温を知る。
それから少々のおやつを食べてもらって。
ひととおりの世話をしてやると、落ち着いて寝てくれる。

睡眠さまたげられっぱなし、そりゃ目も落ちくぼむ。
でも体調わるい様子をしてはダメ! 
誤解を受ける発言も控えなきゃね!
ただでさえ逃げ腰のひとびとが、
パニックを起こす引き金とならないよう、
そのあたり気をつかってないと。

スポンサーサイト



この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あれで修学旅行は考えられなかったかも「修学旅行の思い出は?」
- 2020/07/22(Wed) -
久しぶりに学校へ行くと、大がかりな荷物検査の最中だった。
廊下にも生徒たちがたくさんはみだして混雑してて。
何も知らずにとまどっていたら、
修学旅行に向けての荷物検査ってことで、
関わりのない私はすぐに帰宅させられた。
家庭の経済事情で行けなかったけれど、
行かなくて正解だったかな。
3月のライオンというアニメに、
修学旅行のシーンがいくつか出てきて、
あ~自分も参加してたら、こんなふうだったろうと思ったり。

学校の思い出、とくに行事ごとは、
一生の思い出なんだから、
参加が望ましいという意見があるのは知ってる。
二度とない学校時代の思い出だ、ともいわれるが、
「二度とない」というフレーズに、
ついホッとする大人もいるかもしれない。

大人になってからリベンジみたいに、
好きなとき好きなところに出かけてしまう時期もあった。
気の合ったひとたちと中国や韓国に出かけたことも。
思い出に不足を感じたこともとくになくて助かった。



FC2トラックバックテーマ 第2115回「修学旅行の思い出は?」

この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ネコといえども発見はある(-_-)「見慣れない出来事」
- 2020/07/12(Sun) -
ネコといえども諸事情あり、
最近では、歩くと右の脇腹が、
ポッコリ横に飛び出すようになっちゃったのが一匹。
よく見ると、左の下腹のあたりも、やや飛び出してる。
ひっくりかえしてみたらお腹パンパンに膨れてるし、鉄釜のように固い。
でもこのネコ、子供のころから相変わらずの元気で、
食欲もあるし、お通じもある。

うちのネコさんたちは、
諸事情あって私の元に来て、
室内に幽閉する室内飼いで長い月日が経過。
それでも食事はここ数年手作り。
切り替えのきっかけは、全身が腫瘍だらけになったから。
四匹のうち、二匹が、全身ぼこぼこになった。
それと、あんなに仲がよかったのに、
互いに顔を見ればふうふう息巻いて怒って、
互いに傷つけあうようになったし、
妄想にとりつかれたように、
あたりをびくびく見回すのもいる。

自分は子どものころから自然食をしてますが、
さすがにネコまで手が回らず、安易でした。
周囲から注意は受けていた。
にんげんの食べ物にはルールや規制がある。
にも関わらず、食の安全が守られてるとは言いがたく、
限られた店、限られた製品、
ふつうの約1・5倍~2倍の価格を強いられてきた。
しかしそれでも限界が、ある。
売り物として流通させるには妥協も必要。
それがにんげんの食糧事情ってもんで、
ぜいたく言ってたらキリがないでしょう。
動物のものは野放しに近い。
材料は何で、どんなものを使ってあるか、
考えてみなくてもわかるでしょ、と。
にんげん用の加工食品でさえも廃棄物からつくる時代。
技術の粋をつくして。

製造現場をみたら食べられない・食べさせられないものを。
食べさせてるということ、頭ではわかっても、
製品のパッケージで安全安心のイメージ膨らませ、
何年も食べさせ続けた結果が、これ。
わたしの与えたものしか食べてないんだから、
わたしの行動が招いた結果。

手作りに変えてから五年くらいかな、
湿疹で荒れた皮膚も正常化、
精神面も正常化、全身ぼこぼこの腫瘍もほぼ消滅。
それがここにきてタヌキ腹で、二か所の硬直。
ネコやネズミなどは人間より治りやすいものだけど、
数か月経過時点で、まだ何ともいえない。
「にゃあ~」と高い声で、こちらを見つめるくりっとした目。
元気なのが救いだが、たとえば手術なんかしたら、
とっくに衰弱してる。
ネコだからってことで手術できない。
どっちが幸いか、考えれば考えるほど、わからなくなる。



FC2トラックバックテーマ 第2112回「見慣れない出来事」
この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひとの言葉がわかってるかも(^o^)「ザ・絶妙な返事!」
- 2020/07/10(Fri) -
ぼ~っとしてるネコさんの後ろ姿。
何を考えてんだか。
「オバちゃん!」と声をかけても反応まったくなし。
近づいて、ちょんと触れると、
そりゃもうびっくりして、
「にゃにゃにゃにゃ~っ!」と大声で振り返る。
推定16歳のオバちゃんネコ、
背後から近づいてもぜんぜん気がつかなくなった。
耳も遠いかもしれないし、
床の振動を察知するのも鈍くなってるかも。
野外なら、とっくに車にひかれてるよね。

「わたしらの外出が減って、
いちばん喜んでるのはネコですね」という話、よく耳にするようになった。
自分はオバちゃんネコが死にかけた三年前から、
いっしょに過ごすことが増えました。
話しかけたり、向こうから話しかけられたり、
自分もネコさんもコミュニケーションがとれてる感じ。
アイコンタクトもひんぱんだし、
「お腹すいた」「お水がなくなった」「外に出たい」など、
ちゃんと伝わってくる。
ひょっとして人間同士より心が通じ合ってるかも。
たとえそれが自分の勝手な思い込みにせよ、
お互いの関係は、明らかに良好。
ネコとの関係は一方的で、私は尽くすだけだけど、
気がつけば支えてもらってる。
喧嘩もしないなあ。
喧嘩できない相手ですよね(^o^)



FC2トラックバックテーマ 第2113回「ザ・絶妙な返事!」
この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
知恵がないからストレス多いんだって(^o^)「生活の知恵を教えてください」
- 2020/07/05(Sun) -
目の前で起こることにいちいち驚いて、
意外だ想定外だと騒ぐことが多いんです。
先が読めてないからでしょう。
よくよく考えたら、あたりまえのことしか起こってなくて、
「あ~そうか~」ってわかったときは、時すでに遅し。
あわててばかりってことはストレスも多いよね。

「来週の月曜に発送します」と連絡あって、
月曜、火曜。水曜・・・週末になっても荷物は届かない。
こちらから連絡しても返事はない。
数日待って、「1か月半ほど入荷をお待ちください」とだけ連絡あり。
最初から「2か月待て」と言われれば何の苦労もなかった。
1年でも平気で待てたかもだけど、
どれだけ待てばいいのか、これだけ引っ張られたら、
多少は感情的にもなる。
これであと1か月半待つのもイヤになってキャンセルしたけど、
「先が読めない・わからない」ということが、
どれだけひとを不安にさせるか、よくわかる出来事でした。

もう何年も何十年も前の出来後も、
「ああ~そうだったんだ~」って今ごろ思ったり。
遅い。完全に手遅れだよ。
「あ~そうだったんだ~」の出るタイミング、
少しは早めになってきたけど、
現実のスピードに追いつくにはまだまだです。

自分の読みが現実より先を行くことも、
いつかあるんだろうか。




FC2トラックバックテーマ 第2109回「生活の知恵を教えてください」

この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |