FC2ブログ
預言者じゃないから一寸先も見えないよ(^o^)コロんだら起き上がるだけ
- 2020/03/20(Fri) -

ひとには定めというのがあると申します。
ウイルスでひどい目にあわない定めのひとは、
どんなデタラメやっても、ひどい目にはあわない。
ウイルスでひどい目にあう定めのあるひとは、
どうがんばったって、ひどい目にあう。
そういうものが、定めという言葉の示すものだと思う。
自分は運命鑑定者ではないので、
ひとさまの運命はもとより、自分の運命もわからない。
だから自分の身に、いつ、どのようないいことが起こるか、
よくないことが起こるか、わからないまま生きてるしかない。
私の目には一寸先も見えないのです。

世の中、なにが起きるかわからない。
それは当たり前のことだけど、
若いころから、元気なうちから、ずっとずっと、
「なにが起きるかわからない、なにが起きるかわからない」
そう言い続けて半世紀を過ごした身内もおりますが、
おかげさまで生きている。
そしてそれは、
なにが起きるかわからない対策をとったおかげ、じゃない。
いろんな方々の支えがあって、みんなで生きてるんだし、
そして何より、
なにが起きても、どんなことに直面しても、
対応しようとする気持ちを、当の本人が失わなかった。
「ああもうダメだ」と思ったら、どれだけの備えも、役に立たない。

自分は預言者じゃないから一寸先もわからない。
だから、なにごとが起きてもいいや、と覚悟しとく。
なにごとが起きても、対応できればいいじゃない。
そんなモードで、今まで生きてきたように思う。
毎日、日々、一度や二度は、
一文無しになったら、衣食住を失ったら、自分はどうするか、
みたいなことを、ふと思い、
「まあそんなことも、ないこともないだろうさ」と受け流す。

振り返ってみたら、ちょっと恐くなるくらい、
「よくあれで無事だったなあ・・・」と思うことも、しょっちゅうだけど、
死んだら自分は、昨年購入したお墓のところに行くと決めたから、
それ以上のこと、そこから先のことは、自分の手に負えない。
そこはさっぱりあきらめがついている。

自分にできることは、
どこで、どっちに、どうコロんでも、起き上がることだけだという、
心がけのこと、くらいだよな。
みなさま、どうか、お心やすらかにお過ごしください。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ


i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

ご遠慮なくお問い合わせください。
スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |