FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
支配されたい・服従したいー管理社会のひとの心理ー
2020/01/09(Thu)

にんげんは感情の動物だから、
はたから見て「不幸だな」と感じるケースがあっても、
本人たちがそれで満足なら「大きなお世話」でしょう。
ひとのことはわかっても自分のこととなるとね、
私もはたから見て、
「おかわいそうに」と思われてたって別に不思議じゃない。
何がよいのかわるいのか、わからないし、
決めつける必要もない。
それでもね、「おかしいな」と感じたり、
「ああ素晴らしいな」と感じたりする自分のこと、
止めることはできないし、いつの間にか知らず知らずのうちに、
「ああいやだ」「おかしいんじゃないか」「ああ素晴らしいな」などと、
感じて反応してしまいます。

せまい空間に閉じ込められて、きめこまかく管理監督を受けていると、ひとは次第に管理者を喜ばせたいと願うようになる。
管理者の意向をくみ取って、みずから進んで従いたくなる。
そんな内容の一文を最近、見つけました。
心理学でよく知られる、人間にもともと備わった性質だそう。
その性質をうまく利用すると、
服従することがうれしく楽しくなるひとをつくれる。
服従することが自分の満足になり、
服従が人生の目的にさえ、なっちゃうひとを、つくることもできる。

自分に心当たりがある。たくさんの心当たりがある。
あまり気持ちのよい気づきではないけれど、
自分とその行動が、今後ちがってくる予感のする気づきです。
それがよいことにつながるか、つながらないのか、
誰にとって、どう、よいことになって、どう、よくないことになるか、
そこまでは自分にもわかりません。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ


i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

ご遠慮なくお問い合わせください。


スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |