FC2ブログ
体はそんなふうには治らないんだよね<(^o^)ー患者さんの皮算用ー
2019/11/03(Sun)

駆け込みの患者さん。激痛を見かねて操体法の方が連れてきた。
翌朝、「10の痛みが3になりました(^o^)」と連絡が入る。

一回目の施術で10から3(^o^)
二回目の施術なら3から0くらにはなるという計算で再訪。
ですが、そうはいかないんだよって説明しても、
頑としてきかない。
二回目の翌日、「また痛くなった!」と連絡が入る。

このケース、最初から長引くとわかっているので、
「まだ痛みは治りませんよ」「痛みはまだまだ続きます」
「1か月くらい痛くてあたりまえ、くらいに構えて、
取り組むのがベストです」って話すんだけど、
痛みが消えた、痛みが出てきた、と症状に振り回されて一喜一憂。

「食事の量を半分に減らすと痛みが減る。
それは多くのひとの体験でわかってます」
「体調に異変が起きてるときは動物性の食品は控えるようにと、
言われることも多いんですよ」
「お菓子や果物なども控えてみたらいかがでしょう」
って話しても、たぶんすぐには実行されない。
だいたい聞いてないもんね「(^o^)
「わたしはそんなこと聞きたくないんです。
とにかくあなた、あなたが治しなさいよ」って感じ。

お体がつよい方は話を受け入れるのに時間かかる。
そのぶん苦しみは長引き、こじれていく様子です。
ちょっとやってみるだけ、試すだけなら、
っていう譲歩もなかなかむずかしいようですが、
体のことは自然のおきてに従うしかないんだよねえ。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ


i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |