FC2ブログ
来る理由・来ない理由(^o^)
- 2019/10/28(Mon) -

「これこれの理由により次の授業は欠席します」
担当教授に伝えようとしたところ、「理由はいらない」とさえぎられた。
「来ないなら来ない。それだけわかればけっこう」と言われる。
大学のね、卒業がかかった授業だったので冷や汗ものでした。
気がつくと他の学生も同じ注意を受けていた。
「理由がどうでも結局、来ないんだろ。
来ないとわかればいいんだ」
教科書の編纂にたずさわる、学会で名のある方で、
ポーカーフェースをくずさず、
何を考えてるか、よくわからないひとでした。
理由を述べず、ただ「この日は来れません」とだけ告げるのは、
じっさい勇気を必要とすることで、
へどもどしながら理由をくっつけたくなる。
するとすかさず「理由はいい」。
何度聞いたかわからないな(^o^)

もう20年以上も前のことで、今ごろ思い出すとは想定外。
「来たい、来ようとは思ってんですけどね」で始まって、
毎度いろいろ理由を述べてキャンセル続きで、
気づけば半年近く施術をお休みしてるひと。
その理由というのは知ってもしょうがないことばかり。
来ないと判断するのは本人ですから、
来るなら来る、来ないなら来ない、
それだけ聞けばじゅうぶんだと伝えるのですが、
「ズル休みではない」
「これは休むのにじゅうぶんな理由でしょ」
って言いたいみたい。
妙な罪悪感もあるらしいけど、それって私には関係ないよ(^o^)
じっさい自分自身に言い訳してるようにも聞こえてくる。

結局このひと、どうなったと思いますか。
痛みがぶり返した途端に駆け込んで来た。
ほらね、ちゃんと来るときには来れるでしょ(^o^)


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ


i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

スポンサーサイト



この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |