FC2ブログ
お金と地位は持っていかない(^o^)- 第2074回「無人島に何か3つまで持っていけるなら?」
2019/10/08(Tue)

火をおこす道具と大工道具、
そして銃などの武器も必要不可欠らしいですが、
道具や武器が手元にあっても使う技術のない自分だから、
自慢じゃないけど生き残れませんね(^o^)

完全に無人で一人で、っていうのは、
いくら山が好きという私でも未体験ゾーン、
正気ではいられないでしょう。
山でも町でも、ひとがいてくれるだけで、
ほんとに助けられてます。
そのくらい私はひとりじゃないんだなあ。

無人島でいっしょに暮らすひとがいてくれるなら、
お金持ちや、高い社会的地位についてるひとは、
どうせ来ないだろうけど、いちばん役に立たない。
お金をばらまいたり、ひとに命令するのは上手でも、
「無人」なら、ぜんぶ自分たちでやらないと。
お金も権力も役に立たないのはあの世と同じだな。


FC2トラックバックテーマ 第2074回「無人島に何か3つまで持っていけるなら?」

スポンサーサイト



この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
わたしたち弱いからハンデいただきます(^o^)ってー先に心が負けてるー
2019/10/08(Tue)

自分は弱い。
虚弱だから、何かで補わないとやってこれなかったし、
これからもやっていけない。
そんなことをつい口にすると、
「あなたのどこが虚弱か」「お元気そうですけどねえ」などと言われ、
「だって弱いんだから弱いの!!」
以前の自分って、そんなふうでしたよ(^o^)

自分たち弱いにんげんは、
どれだけズルしてもハンデとしてゆるされる。
そんな考え方を、私は母に教わりました。
母も古いひとですから、
女は弱い、だから強い男に守ってもらって当然、
そんな価値観の中で生きてきたひとです。
だから母は、自分自身のことを、
守られる資格があるくらい弱い条件を備えていると思い、
子供の私に、弱い自分を投影して、
「この子は私に似て虚弱だから補助や杖がたくさん必要だ」
と思ってたようなんですね。
でも私には、そこまで弱いという自覚はなかった。
あちこちの病院や薬屋に連れ回されて、
「もともと虚弱な子です」と母に言われても、
自分には関係ない話と感じてました。

ハンデ、ハンディとは、スポーツやゲームをするさいに、
実力差が大きすぎて、試合にならないという状況のとき、
設定されるものです。
このひとは強い、だけどあのひと弱すぎる。
自他共に、それが認められたときに、
弱いほうには、このくらいのズルをさせてあげましょう、ってこと。
正式に認められてるズルだから、ズルとは言えないでしょうけどね。
母は日頃から、このくらいは許されると自分勝手にハンデを決め、
自分と自分の子に課してたようにも思われるのです。
これではいつまでたっても心が丈夫になることはなく、
体も実力を発揮するには至らなかったのではと思います。



↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ


i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。

この記事のURL | 生活改善について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |