FC2ブログ
2018 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 02
手仕事の感覚(^o^)ーアケビのツルを編むー
2019/01/13(Sun)

アケビは山で自生してるのをよく見かけます(^o^)
ツルを伸ばして秋にはおいしい実をつけます。
実はさやまでおいしく食べられる。
それからツルは生活用品の材料になります。
編んでカゴなんか作るんですけど、
作り手が全国でも数えるほどしかいない。
惜しいことだと思って動画で検索してみました。

アケビのツルを採ってきて、そのまま編むのではないようです。
下処理に、気の遠くなるような時間と手間がかけられています。
カゴを編み始める前からたいへんなんですね。
「なるほど・・・作り手もいなくなるわけだ」
「一生使えます。たいへん丈夫です」と、
高齢の作り手さんは、穏やかに笑っておられるけれど。

山で採取してきたツルは鍋で10時間煮る。
煮たら今度は、細いハリガネみたいに細いツルを、
一本一本ていねいに皮だけ剥いていく。
「皮をとらないと長持ちしない。
使ってるうちにぽろぽろ剥がれてくるしね」
そう説明するからには皮を剥く面倒を省くな、ってことでしょう。
作品に必要な分だけ長さをそろえ、編んでゆく。
小さなかご一つでも、朝から始めて夕方までかかってしまうという。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

記事をアップしました!!



i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
スポンサーサイト



この記事のURL | 身辺雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |