FC2ブログ
ベテランも山の天気にだまされるー自然の力にはかなわないー
2018/11/16(Fri)

皮肉にも、その日の午前中は、穏やかなよい天気だった。
まさに嵐の前の静けさ! 数時間後の大荒れを、誰が想像できたでしょう。
よい天気に誘われて山の奥深くに入りこんだグループは、
突然の猛吹雪に閉じ込められて力尽きたのです。
どれだけ足に自信があっても、自然の力にはかないっこない。
私はこの話を山歩きに限定して考えているわけではありません。
病気やけが、それに健康についても、まったく同じと感じます。
科学技術に頼りすぎて、ひとは自然法則に学ぶ謙虚さを失って、
自分の命や体さえも、
科学技術でどうとでもなると勘違いしたまま日常を送ってる。
しかし台風は通り過ぎるのを待つしかない。
病気も同じですね。
どんな治療手段があろうとも回復は待つしかないんです。
猛吹雪に閉じ込められたグループは、うまく行動できませんでした。
「迷ったらその場を動かない」と、チームのリーダーは書き残していました。
そのくらい私だって知っています。
しかし、どれだけのひとが「その場を動かない」という正しい行動がとれるでしょうか。
そりゃ居心地のいい喫茶店なら何時間でも動かずにいられますよ。
しかし寒い、暗い、つらい、孤独な中で、じっと耐えられると思いますか。
そういう経験、したことありますか。
いつもいつも安全な中で過ごしていたら、
ほんとうの危険にさいして的確な行動など、急にとれるはずもない。
じっと動かず耐えるっていうのは、ふつうできることじゃない。
じたばたして悪あがきするほうが、よほど気がラクなんですが、
すぐ力尽きて倒れます。
わかっているけど、どうしようもないんです。
ガン、と聞いて見守りができないのも同じです。
なぜあんな処置を、とご家族が振り返って後悔するケースが後を絶ちません。


↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

記事をアップしました!!



i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。
スポンサーサイト



この記事のURL | キャンプ生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |