FC2ブログ
次は腕を切断しますー糖尿病治療の失敗続きでさいごは手足を切断ー
2018/04/10(Tue)

「知人が同じ治療を受けました」と、話し始めた方がおられました。
病院で、脚の付け根から両方とも切断された。
「次は両腕を切ります」と病院で言われていたのですが、
「切られる前に、死にました。ある意味、私はホッとした」
葬式のとき棺オケが、短いのを見てギョッとした。
胴体しか、なかったから。そう分かると悲しかった。
「医療が進んだ進んだ、っていいますけど、
手足を切断するのが最後の決め手って、おかしい。
それで進んだ医学っていうのは、おかしい」
「ぜんぜん進んでなんか、いない」
お葬式に参加して、そのときのショックから覚めやらぬ様子で、
話して下さいました。
緊急ならまだしも、ずっと治療は受けていたんです。
治療を受けた末に、うまくいかなかった末に、
「じゃあもう切りましょ」っていうのは、どうですか。
「この治療がうまくいかなかったら切断しますからね」っていうのなら、
最初の治療から間違ってる。失敗じゃないんでしょうか。

血流が、どのくらい低下すると、組織は腐敗を始めるのでしょうか。
血流低下で、足の先が腐敗気味の様子を見ながら、
私の中で疑問がふくらんできました。
そんなこと、病院でも考えてあるんでしょうか。
(つづく)

↓お読み下さりありがとうございます。
↓ワンクリックでサイトが開きます。


人気ブログランキングへ

記事をアップしました!!



i
 
操体法の体験・指導・施術をご希望の方は、
PCメール (fukuokasoutaihou☆yahoo.co.jp  ☆→@にして送信してください)
携帯メール(freeyourself.sotai☆docomo.ne.jp ☆→@にして送信してください)携帯のみ受信。
電話     080(1720)1097
いずれかにて、お問合せ・ご予約を受け付けています(施術は初回三千円、以降二千五百円のみ)。

講習会につきましては日時などお問い合わせください。
資格をお持ちの方、すでに開業している方、
また将来的に活動をご希望の方、遠方の方にも、
それぞれ対応いたしております。

上記の連絡先へご遠慮なくお問い合わせください。

天神から大牟田線普通電車「高宮」下車徒歩3分。野間四角交差点信号先3つ目のビル。
博多駅から西鉄バス博多郵便局横A乗場(50番)B乗場(65番)CD乗場(64・66・67番)
「野間四角」バス停下車。徒歩1分。


スポンサーサイト



この記事のURL | 検査のセカイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |